えがおで りんと このばしょで

表現者であり女・小沼枝里子のあれやこれ。

間もなく。

 onuma-eriko.hatenablog.com

onuma-eriko.hatenablog.com

 

「椿姫=原罪」、初日まで間もなく、です。
稽古も残すところあと二回。

f:id:ONUMA_Eriko:20180622141940j:image(こちらは昨日の稽古の様子。舞台美術、今回もとてもシンプルで美しいので楽しみにしていてください)

 

何かこう、「想い」みたいなものは溢れんばかりにあるのに、それを上手く言葉に出来ない日々が続いています。

とりあえず、毎稽古本当に緊張するし、これを書いている今も本番の事に思いを馳せつつ、やっぱり緊張で吐きそうです←
あたし、そこまで緊張する方の人間ではないのだけど、今回ばかりは、と言いますか。
稽古中の写真はほぼすべて演助のあかねちゃんが撮ってくれてて、共演者との写真とか撮ろうなんて余裕ないくらいにはいっぱいいっぱいです。。

 

一昨日、solaさんに抜き稽古をお願いしてきました。
マンツーマンで芝居の稽古をしてもらうのは、初めてのことだな。そういえば。

ロミジュリの時からお馴染みの、千本ノックのようなシーン稽古をしてもらったんだけど、何というか、お芝居って本当に「生き方」が反映されるな、と思った。

それはもう、ダイレクトに。

「目標設定」に対する苦手意識、それによる「明確な目標の薄さ」。

今回、マルグリットを演じる事で強く炙り出されているのはその部分だな、と自分では感じています。
(ちなみに、これはあたしの中で本当に根深い「設定」が影響している。その話は、機会があれば)

 

solaさんはいつも、「この作品に参加しよう、と思った時の一番の目的(得たいもの)を忘れないで」と言います。

稽古中は結局口には出せなかったんですけど、あたしの一番の目的は

solaさんが面白いと思うものを作りたい」

でした。
芝居の現場に限らずなんですけど、デフォルトで自分がどっかいきがちなんですよね。で、待ちの姿勢になる事が多い。

動かされる駒ではなく、自ら動く駒になる、って感覚が本当に足りなかった事に今頃気付いて、

まぁ、絶望しました。
役の事も作品の事も考えてるつもりで、それはつもりでしかなかったし、何の力にもなってなかった。

誰かの「面白い」を叶えるためには、自分の「面白い」をちゃんと握り締めていないといけない。
至極、当たり前のことなのにね。
あー。ほんとばか。

 

何度も言ってるし書いてるけど、あたしは西荻小虎さんの書く脚本が、solaさんの描く世界がとても好きです。(二人とも本当に変態だけど←)

だからこの世界で生きたいし、だからこの世界を一人でも多くの人に観て欲しい。

泣こうが喚こうが、笑おうが何しようが、25日の19時には幕が開きます。

色々書いたけど、「あたしが面白いと思ってるもの」だって事には何の嘘もありません。
勿論最後は観て下さった方の好みになってしまうけれど。

だけどどうか、手を伸ばせば触れてしまえそうな距離で「生きる」5人の人間の姿を、どうか目撃しにきてほしい。
心から、そう思います。

 

個人の動員目標まで、あと6名様。
貴方の力が必要です。
貴方の時間とお金を、あたし達に「賭けて」ください。
絶対に、フォールドなんかさせない。
レイズしたくなるようなものを、魅せつけるから。

 

「椿姫」の世界で貴方とお逢いできること、心から楽しみにしています。

 

 

f:id:ONUMA_Eriko:20180511142922j:plain
2018年6月25日~28日@絵空箱

原作:アレクサンドル・デュマ・フィス
脚本:西荻小虎
演出:sola
製作総指揮:péché=mignon・delacroix

 

*あらすじ

19世紀半ばのパリ。
夜の世界に生きる女、マルグリット・ゴーティエは贅沢三昧の日々を送っていた。
ある夜、青年アルマンと出逢ったことから二人の運命のルーレットは回り出す。
恋に落ちた二人は、パリを離れ田舎町イヴォワールで暮らすようになる。
しかし穏やかな暮らしは長くは続かなかった。
ガストンの策略により再びパリに戻ってきたアルマンにマルグリットから別れの手紙が届く。
同じく別れの手紙を受け取ったマルグリットはパトロン・モーリアックの元で暮らすようになる。
そこへアルマンが現れる…。

絡み合った恋心を賭けたギャンブルがいま始まる!

 

さあ、を賭けよう!

 

*日程

6月
25日(月) 19:00
26日(火) 14:00/19:00
27日(水) 14:00/19:00
26日(木) 14:00

※上演時間は80分を予定。
※受付開始・開場は開演の30分前。

 

*チケット代

前売 3500円
当日 3800円

リピート割 2500円
※いずれも1D代込

 

*ご予約

https://www.quartet-online.net/ticket/tsubakihime?m=0hdgabf

 

*キャスト

マルグリット・ゴーティエ/小沼枝里子

オランプ・グージュ/長田咲紀

ガストン・リウ/山田亮(集団as if〜)

アルマン・デュヴァル/矢島慎之介(カプセル兵団2)

フランソワ・ド・モーリアック/竹之内勇輝

 

*公演特設サイト

https://crimecalme-special.themedia.jp

 

*スタッフ

音響:鷹取滉平
照明:原宏昌(ライトスタッフ)
照明操作:祝迫佳小里(ライトスタッフ)
演出助手:あいだあかね
舞台監督:炬鉄刀
美術:Xiaolong LAB
制作:後藤由香理(TEAM#BISCO)
協力:犯穏罪団、GAIA art entertainment、かれいどすこーぷ、めとめとひらく
企画 製作:クリム=カルム
Special Thanks:岡島沙緒梨劇場、はるぴよ