えがおで りんと このばしょで

表現者であり女・小沼枝里子のあれやこれ。

おいわちゃん。

およそ11時間、ほぼぶっ通しの撮影。

すっごい疲れたけど

すっごい楽しかった!!!!!

 

そもそもの始まりは確か今年の三月。
めとめとひらくで企画していた配信ライブ「東の魔女と西の魔女」の撮影の為に、あたしの地元へ向かう車の中での事でした。

 

なんか面白い撮影したい

 

と、細谷彩佳ちゃんからの唐突なLINE(笑)

 

四谷怪談をテーマに、舞踏作品というか映像でも写真でも現代的なのと混ぜて作りたい

和モダンヘルタースケルターみたいな!

お岩さんモデルの綺麗とキタナイの二面性のあるド派手な映像を作ってみたい

 

面白くないわけがないじゃんこんなの(笑)

そんなわけで、彩佳ちゃんの指揮のもと、企画「おいわちゃん」は動き出しました。

dancingayaka.amebaownd.com

そうして集まった素晴らしい才能。
自分がその中に加えてもらえる事が本当に嬉しかったです。

今回はヘアメイクだけでなく、映像に使う楽曲に素材として声も提供させてもらいました。
もうね、本当にそわそわするよね自分の声聞くの!!!(笑)

秋山さんのマジックのおかげでとても素敵にして頂いてます。
ラフ音源を経て、曲ももう少しで完成。楽しみ。

夜通しの撮影は、感性の洪水に巻き込まれる最高に楽しい時間でした。

うきうきと布やリボンと遊びながら衣装を作り上げるののちゃんと、「めっちゃええわ~」とるんるんしながら撮影するあこちゃんと。

もうねぇ、最後の方みんな船漕いでたんだけど、自分のターンになった瞬間に覚醒する感じがほんと面白くてね(笑)

あたしも好き勝手やらせて頂きました。マジで。
ほんっと楽しかった。
いい意味で深夜テンションな作品が出来上がるのではないかと思います(笑)
みんな本能でやってたもん。

 

少しスピっぽい話になりますが、何となく「失われていたものや隠されてたものを取り戻す」ような流れがきているなー、という感じがします。
結構あっちこっちでそういう文章を目にしているので、そういうアンテナが立ちやすくなってるせいもあると思うんですけども。
(瀬織津姫とかいい例だと思っていたり。)

真実なんて時代によって変わるので正しいも間違いもないけど、事実はいつまでも事実なんだよね。

あたしが今回の企画で一番感銘を受けたのは「おいわちゃんだって普通の女の子だったはずだもの」って言葉。
何をもって普通とするか、って考えるとまたややこしいのでそこは置いといて(笑)

「ただの女」だった彼女が一番望んでいたことは、ただただ伊右衛門様を愛していたかっただけなんじゃないのかな。とか思ったりしてしまうのでした。

本当のところは、本人にしかわからないけどね。

 

いずれにせよ、「本当のこと」に蓋をすればするほどに生きにくくなっていく。
そんな気がしています。
たとえそれが、どんなに醜い欲求でもね。

 

 

あこちゃんがやる気満々なおかげで、もしかしたら年内にお披露目が出来るかもしれません。(マジかっこいい)
どうぞ楽しみにしててくださいね。

f:id:ONUMA_Eriko:20171121224439j:plain

誰よりも、あたし達が楽しみだけど(笑)