えがおで りんと このばしょで

表現者であり女・小沼枝里子のあれやこれ。

振り返る振り返る。

これで終わるかな?
こっちのチームは←

f:id:ONUMA_Eriko:20171105183742j:plain

宍戸家四男。宍戸蒼侍役・吉村くん。
87年組いぇーーーーーい\( 'ω')/笑

とはいえ、早生まれさんなので学年的には一つ先輩なわけですが。

次男と三男をのぶぞーさんが演じてるので、何となくあっちは父親似、こっちは母親似、なイメージです。勝手に(笑)
これから先、長男は登場するのだろうか…。

山下くんと同じユニットのメンバーさんですが、何かこう、彼もまた面白い間を持った役者さん(笑)
不破とのコンビ、とっても好きでした。
この四男が、あの次男三男とどんな会話するのかものすごーく興味あるなぁ(笑)
彼の前後が信也さんの中でどう作られているかわからないけれど、蘆屋家での事件は間違いなく、彼の人生の中で大きな転換点になってるんだろうな。
ここから先登場する事があるなら、成長した姿が見てみたい一人です。

 

f:id:ONUMA_Eriko:20171105183735j:plain

不破刑事役の音さん。

実は、今回共演したメンバーの中ではいっちばん付き合いが古いのですが、板の上で絡んだのは今回が初!!(笑)
某劇団のWS同期生なのですが、チームが別になってばっかでして。
去年もベイゲ出てたけど、やっぱチーム別だったしね(笑)

WSを卒業してから、音さんが副主宰を務めるロデオ★座★ヘヴンに一度当日制作のお手伝いに入らせてもらった事があって、しみじみと音さんのお芝居を観たのってその時もかなり久しぶりだったんですよ。

で、去年今年ときまして。
何か、失礼なのを承知で言うと、WS生だった頃はそんなに音さんの事を「魅力的な役者さんだなぁ」とは思ってなかったんですよね。
板の上で絡まない事もあって、「年の割に疲れたおっちゃんがいるなぁ」っていう←超失礼

あれから10年近く経ってやっと絡むなんて当時は思いもしてなかったけど、今は素直に

ああ、すーげぇいい役者さんなんだなぁ

って思ってます。
冗談抜きに、役に対する向き合い方とか横で見てて尊敬した。
不破が正宗に「安綱さんの側にいてあげてください」と頭を下げるところは、いつもグッときてました。

また一緒に出来たらいいなぁ。

 

f:id:ONUMA_Eriko:20171105183618j:plain

明星書房の編集長・大伴さん役のふじもんさん(左)。

あたし、ふじもんさんを初めて観たのが肆回半の「曇烏探偵の調査リポート」だったんですよね。
その時の結構テンプレな嫌味な地主の役と、去年の乱暴者な猟師の役とで、何か「そういう役を良くやる人」みたいなイメージが勝手に出来上がってて、大伴もそういう役なのかな、と思ってたんです。

そしたら。

めっちゃ理想の上司だった。勝手に悪い奴だと思ってごめん、ふじもんさん。←

百華と薪場を送り出す時。深池寧子ゲスト回の時のやり取り。
「今はこの明星書房の記者たちが家族だ」って言葉。
口うるさくて、でもとても愛情に溢れたお父さんみたいな上司。って理想過ぎやしませんか(笑)
Twitterであげてた、鈴鳴と深池との3ショットとっても好きでした。

f:id:ONUMA_Eriko:20171105183715j:plain

雨降り小僧のれいちぇるちゃんと、袖引小僧の青葉彩花ちゃん。

「ここにいれば?」と「こっちだよ」しか台詞がない分、神妖の中でも色を付けるのがかなり大変だったのでは、と思います。
袖引小僧は今回初登場で、同じく「こっちだよ」しか言わない提灯小僧が既に居るから(しかも変幻自在の「こっちだよ」使い)、より大変だったんじゃなかろうか…と(´_ゝ`)

神妖は一度やってみたい役どころではあるんだけど、彼ら彼女らを見ていると、果たして自分にはそれだけの実力があるんだろうか…と思ってしまう。
人間とはまったく違った価値観、時間の中を過ごしているので、それを腹落ちさせるのって大変そうだなぁと思うんですよね。

でもやってみたい←
いつかやることがあるだろうか、人外……

しかし二人ともミニマムで可愛かったなぁ。
小脇に抱えてぎゅってしてみたかった(ぇ

 

…………だめだまだ終わらないのでまだまだ続く←