えがおで りんと このばしょで

表現者であり女・小沼枝里子のあれやこれ。

間もなく、開幕。

疾駆猿第陸回公演「VAGUENIGMA-1959- & -the Crossing-」
本日、小屋入りでした。

小沼は本日はお休みを頂いたので、通常通り仕事へ行ってきましたが。
仕込みをして下さったスタッフ・キャストの皆様、本当にありがとうございます。
あたしは明日から仕込み合流です。

 

onuma-eriko.hatenablog.com

onuma-eriko.hatenablog.com

 

↑の2記事でベイゲ愛を語ってますので是非ご覧下さいw

f:id:ONUMA_Eriko:20170927174646j:plain

f:id:ONUMA_Eriko:20170927174650j:plain

仕込みのち、【想道】チームは場当たりとゲネ。
【斬糸】は明後日が場当たりとゲネ。
土曜日からはいよいよ公演がスタートします。

何度かの通し稽古の中で、全体は勿論のこと、自分の役においても微調整を重ねてきました。
板の上に上がる時は常に緊張感を持っているつもりですが、今回はいつになくピリピリしています。いい意味で。
【斬糸】は【想道】よりも会話劇の要素が強いので、ほんの少しの乱れが後々まで影響を及ぼしてしまうのが最も怖いところ。

「舞台は皆で作るもの」

当たり前の事ではあるのだけれど、改めてそれを感じている作品です。
他の人の足を引っ張るわけにはいかない。

武者震いしますね。

 

おかげさまで、22日(日)12時の回は完売致しました。
ご予約、まだまだまだまだ受け付けております。
決して手放しで幸せな気分になれるような物語ではないけれど。
刺さるもの、たくさんたくさんあると思います。

あたしが今回演じる役は、今まで演じた中で一番弱い人かもしれません。

弱さ、醜さ、浅ましさ、憎しみ、恨み、悲しみ、怒り。

その中で掴む、希望。

 

「人間」という愚かな生き物の姿を、見て下さい。

 

 

f:id:ONUMA_Eriko:20170909135706j:plain

「VAGUENIGMA-1959-
 鮫崎刑事の受難スパイラル【想道】| 明地百華の御節介メモアーズ【斬糸】」
「VAGUENIGMA - the Crossing - 鮫崎刑事の受難スパイラル【悉道】」

2017年10月21日(土)~29日(日)
シアターKASSAI(池袋)


10月
21日(土)  12時【想道】   16時【斬糸】  19時半【斬糸】
22日(日)  12時【斬糸】   16時【想道】  19時半【想道】
23日(月) ★12時【想道】  ★16時【斬糸】  19時半【斬糸】
24日(火)           16時半【悉道】 19時半【想道】
25日(水)  12時【悉道】  ★15時半【想道】 19時半【斬糸】
26日(木) ★12時【斬糸】   16時【悉道】  19時半【想道】
27日(金) ★12時【想道】  ★16時【斬糸】  19時半【斬糸
28日(土)  12時【斬糸】   16時【想道】  19時半【想道】
29日(日)  12時【想道】   16時【斬糸】
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。

◇チケット

ご予約フォームはこちら↓
https://www.quartet-online.net/ticket/schicksal201710?m=0gdajhj


【想道・斬糸】
前売 3500円
当日 4000円
​★平日マチネ・ジュルネ割⇒前売3300円/当日3800円

【悉道】
前売 2800円
当日 3300円

※チケットについて
全ての券種に関して、チケットをお持ちのお客様(料金お振り込み支払いの方)からの御入場となります。
お振り込みは、最終期日の9月29日(金)までにお済ませ下さい。
振り込み後の公演日時の変更は出来ません。
ご予約フォームより必要事項の送信後、指定口座にチケット料金+送料¥200(複数予約でも一律)をお振込み頂き、確認後、チケット郵送・ご予約確定となります。
なお、9月30日以降のご予約は劇場での精算、チケットお渡しとなります。

 

◇あらすじ
⇒鮫崎刑事の受難スパイラル【想道】
サンフランシスコ平和条約により、独立国家となった日本。
敗戦から復興し高度経済成長真只中、国家転覆を目論む蛇ノ目機関(ジャノメキカン)が暗躍していた。
旧關東軍の下で作られた特務機関は特殊な能力を持ったスパイ・虚子(ウロコ)を育成し、情報操作によって日本を再び軍事国家へと引き戻そうとしていたのである。
機関のトップである關東軍元大佐・中囃子林治楼(ナカバヤシリンジロウ)は1958年の4月に、九州の離島で死亡する。これにより機関の実権を握る内部抗争が勃発。
機関の幹部であり關東軍元中佐・篁竹範(タカムラタケノリ)と機関での人体実験を一手に掌握していた霞原博士の実子である霞原霖禰(カスミハラリンネ)が対立し「穏やかな戦い」を続け、蛇ノ目機関は日本の影で静かに自身の亀裂を広げていく。

己の信じる正義を貫くという信念を持ちつつ、自らの血脈に縛られて生きている刑事の鮫崎細雨(サメザキサザメ)は、巣鴨プリズンから釈放後の篁の所在把握に苦戦していた。
相棒の死や特別任務の重圧から偏屈になっていた彼を救ったのは機関を裏切り逃走した虚子の霞原霏巫(カスミハラヒミコ)との出逢いであった。
彼は霏巫を護りながらも自らが目指す未来への道へと辿り着けるのか…。

激動の時代に翻弄された者達の結末が迫っていた。

 

⇒明地百華の御節介メモアーズ【斬糸】
サンフランシスコ平和条約により、独立国家となった日本。
敗戦から復興し高度経済成長真只中、国家転覆を目論む蛇ノ目機関(ジャノメキカン)が暗躍していた。
旧關東軍の下で作られた特務機関は特殊な能力を持ったスパイ・虚子(ウロコ)を育成し、情報操作によって日本を再び軍事国家へと引き戻そうとしていたのである。
機関のトップである關東軍元大佐・中囃子林治楼(ナカバヤシリンジロウ)は1958年の4月に、九州の離島で死亡する。これにより機関の実権を握る内部抗争が勃発。
機関の幹部であり關東軍元中佐・篁竹範(タカムラタケノリ)と機関での人体実験を一手に掌握していた霞原博士の実子である霞原霖禰(カスミハラリンネ)が対立し「穏やかな戦い」を続け、蛇ノ目機関は日本の影で静かに自身の亀裂を広げていく。

探偵一家に生まれた好奇心旺盛な探偵見習いの大学生・明地百華(アケチモモカ)は、記者の薪場火炉人(マキバヒロヒト)と情報屋で靴磨きの久住木兎(クズミミミズク)と共に、東北M県の山中にある村に向かう。
彼女が受けた依頼は、名家である蘆屋家の末の娘が神隠しに遭い、彼女を探し出して欲しいというものだった。
彼女は奇妙な因縁で紡がれ、複雑に絡み合った糸を解き明かす事が出来るのか…。

激動の時代に翻弄された者達の結末が迫っていた。

 

⇒鮫崎刑事の受難スパイラル【悉道】
サンフランシスコ条約により、独立国家となった日本は、敗戦から復興し高度経済成長真只中であった。
その裏では、旧關東軍の下で作られた蛇ノ目機関(ジャノメキカン)が、特殊な能力を持ったスパイ・虚子(ウロコ)を育成し、情報操作によって日本を再び軍事国家へと引き戻そうと暗躍していたのである。

己の信じる正義を貫くという信念を持ちつつ、自らの血脈に縛られて生きている刑事の鮫崎細雨(サメザキサザメ)は、警部の檻形刑部(オリカタギョウブ)から極秘の任務を遂行するよう命令される。
「穏やかな戦い」の中で「運命の車輪」が廻り出す…。
(参回短期公演の【志道】、伍回半公演の【怨道】【愚道】【慾道】【恐道】をまとめた作品になります。)


​◇キャスト
鮫崎刑事の受難スパイラル【想道】
小川 亮(疾駆猿)
石塚 みづき
maica
那須 美奈子

江口 愛
齋藤 桃子
望月 光
齋藤 伸明(黒雪構想)
牧野 純基(黒雪構想)
澤田 圭佑(刀屋壱 / SHOW-BZ)
福丸 繚
西澤 翔
工藤 沙緒梨(カプセル兵団)
家永 惠理(アニャハイム・エレクトロニクス)
義積 雄大
竹田 航(Actor′s Live Theater)
大山 カリブ
中野 貴文
北川 大佑(刀屋壱)
前野 誠二
森 勇介
朝比奈 叶羽(刀屋壱)
林 真由美(疾駆猿)
三浦 沙織(疾駆猿)
高本 愛子(疾駆猿)

鎌田 秀勝(PROPAGANDA STAGE)
妻木 尚美(明治座アートクリエイト)
柴木丈瑠

◇ゲスト
21日(土)12時、22日(日)16時・19時半
⇒亀井 英樹(ワニガメろどりげす。)

23日(月)12時、24日(火)19時半、25日(水)15時半
⇒松本 寛也

26日(木)19時半、27日(金)12時
⇒長谷川 太郎(少年社中 / 森の太郎 / dope A dope)

28日(土)16時・19時半、29日(日)12時
⇒中村 隆太(劇団居酒屋ベースボール)
 瓜竜 健司


明地百華の御節介メモアーズ【斬糸】
清水 那奈子
西澤 翔
義積 雄大
水崎 綾

齋藤 桃子
江口 愛
中村 隆太(劇団居酒屋ベースボール)
小沼 枝里子
藤田 幸士
塩原 奈緒
なにわえ わみ(劇団フェリーちゃん)
植松 はちこ
佐々木 くるみ
末次 祐季
かおりかりん(進戯団 夢命クラシックス
角田 拓真
吉村 慧一郎(演劇ユニット パラレロニズム)
渡邉 はこ(劇団ムツキカっ!!)
篠崎 章宏
井上 玲奈
小夜
青葉 彩花
山下 雄基(演劇ユニット パラレロニズム)
三浦 沙織(疾駆猿)

黒坂 カズシ
柴田恵子(明治座アートクリエイト)
音野 暁(ロデオ★座★ヘヴン)

◇ゲスト
21日(土)16時・19時半、22日(日)12時
⇒小野川 晶(虚構の劇団)

23日(月)16時・19時半、29日(日)16時
⇒竹内 尚文(少年社中)

25日(水)19時半、27日(金)16時・19時半
⇒石部 雄一

26日(木)12時、28日(土)12時
⇒陽田 奈緒


鮫崎刑事の受難スパイラル【悉道】
小川 亮(疾駆猿)
石塚 みづき
那須 美奈子
江口 愛
齋藤 桃子
清水 那奈子
望月 光
牧野 純基(黒雪構想)
福丸 繚
西澤 翔
義積 雄大
大山 カリブ
中野 貴文
森 勇介
林 真由美(疾駆猿)
三浦 沙織(疾駆猿)
高本 愛子(疾駆猿)