えがおで りんと このばしょで

表現者であり女・小沼枝里子のあれやこれ。

エロかわ写真撮影会WS。

そんなわけで。
久しぶりに、めとめとひらくの「エロかわ写真撮影会WS」を開催しました。
今回のモデルさんは、インプロカンパニーPlatformの主宰・住吉美紅さん。

twitter.com

 WSの事を、めちゃめちゃ素敵な文章で綴って頂き感謝。

ameblo.jp

撮影会の根っこにあるのはこのコンセプト。
いや、ぶっちゃけ今の今まで忘れてたんですけどね←
WS自体の回数がまだ全然なんですけど、とは言え我らぶれてないなぁと自画自賛しております(笑)

何つーか、いつも思うのはほんと奏子ちゃんの妄想力というか想像力というか創造力というか、が、すごいなぁと。
毎度何がまず楽しみかって、奏子ちゃんのテンションな(笑)
もうねぇ、本当にテンションぶち上がっておかしな言動行動を頻発させる奏子ちゃんを動画でお見せしたいくらいですww
奏子ちゃんのテンションが上がれば上がるほど、小沼のテンションは落ち着いて頭も冴えるので、この対比はきっと傍から見たら面白いんじゃないかと思っておりますww

美紅ちゃんがご予約を下さってから、奏子ちゃんが色々とコンセプトを出してくれたんですけど、「着物を使いたい」という一言をもらった時に「ぴーーーん」ときたのが、

和製マリア かつ 淫らなマリア

でした。
提案したら奏子ちゃんも「それはやばい!!!」と大乗り気になってくれて(笑)
もうねぇ、処女受胎されたマリア様への冒涜だ、とキリスト教徒に怒られようと知らんと思いました←
だって、男女のセックスが無ければ命は生まれないんだから。
淑女の顔も娼婦の顔も両方持ってるってマジで美味しいと思いませんか(笑)
ちなみにあたしは「貞淑な遊女」になりたいと常々思っております(笑)

話を戻して。

今回はですね、3パターンのメイクを施しました。

f:id:ONUMA_Eriko:20170826221514j:image
衣装は2パターンだけど、ざっくりとしたイメージ的には「処女」から「女」になるまで、的な。

いざ撮影始めたらまぁ美紅ちゃんの被写体力の高い事高い事!!!
本当にびっくりしました。
あんなに色んなお顔を見せてもらえると思わなくて感動。
あどけない少女のような顔もとても好きなんだけど、小沼が何より驚いたのは、じっとりとした湿度のある色気。
美紅ちゃんご本人が、気に入ったものはUPして下さると思うので楽しみにしててほしいんですけど。
もうね、ほんっとうに麻薬みたいな色気なの。
あれは誰にでも出せるもんじゃない。マジで。
女としての経験と、あとは本当に天性の持ち物なんだろうなぁ。

とても美味しそうな身体の持ち主なので(言い方あれだけどw)、それプラスあの目で見られちゃったらそりゃあ男はイチコロだわー、と本気で思いましたよ。

あーもう本当に眼福だった。
これが美女か、って本当に思ったもん。
美紅ちゃん、本当にありがとうございました。

 f:id:ONUMA_Eriko:20170826221530j:image

求められるままに進んだら、この一年でヘアメイクをさせて頂く機会が本当に増えたな、と思います。
その度に、自信のあるあたしと無いあたしが綱引きをするんですよ。
プロのヘアメイクでも何でもないのに、すべて独学でやっている事なのに、そんな自分が果たして本当にお金を頂いていいんだろうか、という思いと
女が本当は誰だって美しいって事を、誰よりも信じているって自負と。

だけど、プロでも何でもないあたしがヘアメイクをすることで。
スマホiPadや、あたし達が普段当たり前に使うもので撮影をする事で。

「あれ?あたしにも出来るかも?」って思ってもらえたら、と。

それは、あたしも奏子ちゃんも共通で思っていることです。
自信がないまま。自分が嫌いなまま。緊張しいのまま。
ありとあらゆる「直したい」とか「嫌だ」と思っている部分を引っさげたまま写ってくれたらいい。
それごと、貴女は綺麗だから、と。
根拠はないけど、それはあたしが保証出来ます。
だってクズみたいなあたしが綺麗になれてるんだからね(笑)

f:id:ONUMA_Eriko:20170826221545j:image

まぁでも。
ぐちゃぐちゃした理由は抜きに。

ただただ楽しいからやってたい。それだけです。ほんとそれだけ(笑)

どれほど怖くても、批判がくるかもしれなくても、この「楽しい」が尽きない限り、このWSはやり続けると思います。

おかげで、また新しい縁が繋がりそう。
本当に有難い。

たくさんの心のやり取りの中で生まれた様々を、あたしは果たして大事に出来ているんだろうか。
すべての人を好きには、決してなれないけれど。
関わっただけの数の破片があるのだとしたら、その存在そのものは大切にしておきたい、と思っています。