えがおで りんと このばしょで

表現者であり女・小沼枝里子のあれやこれ。

かつて女神だった私へ

公私ともにお世話になっております、芸術集団れんこんきすたさんの第26回公演

「かつて女神だった私へ」

観に行って参りました。

感想を申し上げるのが、本当に難しい作品です。
おそらく、意見というか感想というか、が、真っ二つに分かれるんじゃないかな。
中川さんも奥村さんも、良くこれやろうと思ったな、と(笑)
勿論、お二人と、めぐちゃんだからこそ成しえた作品だろうとは思うのです。

これは、「クマリ」という題材を扱ってはいるものの、クマリの話ではない、とあたしは思います。
いや、勿論「クマリの話」ではあるんですよ。

f:id:ONUMA_Eriko:20170728211653j:image

多分、観ながらにやにやしていたのはあたしだけなんじゃなかろうか←
いや、変な意味ではなくてですね。

全部存在するってことがわかるんですよ。「ナカ」に。

これ、観てこの感覚を共有出来る人にだけ伝わればいいです。
偉そうですが悪しからず。

 

人は、何もないままですべてを手に入れられるんだよね。
それを思い出したくないのは、何もない事を認めたくないからだよね。
あー。んー。これもちょっと違うけど。
いずれにせよ、「無い」も「在る」も幻想なんだけどさ。

 

多くを語るのが難しい作品と言いますか、いや、でもこれ、共有出来る人が居るとかなり色々語れると思います(笑)

中川さんが「枝里子になら絶対伝わると思った」って言ってくれたのが嬉しかった。
お茶するの心から楽しみにしております(笑)

めぐちゃんは、本当に美しい。内側から美しさが滲み出てる。
言葉にするととても陳腐なんだけど、あの美しさは体感するものなので是非観に行って下さい。

そして、あんな物語書けちゃう奥村さんはほんとすごいと思います。
未来の古典になり得る才能だ、と評されているって話に改めて納得です。
…って、あたしが言うのもおこがましいと思うのですが。

タイトルの意味は、観終わった後に腑に落ちると思います。
「女神」の意味も。

 

でねでね!
今日はこちらの彼女と超~~~~~~久しぶりに会いました!!

f:id:ONUMA_Eriko:20170728213845j:image

2013年の第18回公演「雲隠れシンフォニエッタ紫式部源氏物語」より」で共演した、明石の君役・佐々木菜緒。
あたしをれんこんきすたに繋いでくれた女優さんです。
寮生活をしてた頃隣の部屋で、めっちゃ仲良くしてもらいました。
今は二児の母!ちなみに、本番中ガチで妊娠中だったの(笑)
2、3年ぶりくらいだったんだけど、全然変わりなくてほっとした(笑)
会えてうれしかったよー!

 

残りの公演も、どうぞ心身大切にしながら挑んで頂けますよう。
迷ってる人は、とりあえず観に行ってみるといい。

そして、自分の感想を「疑って」みるといいと思います。