えがおで りんと このばしょで

表現者であり女・小沼枝里子のあれやこれ。

ありがとうとか感謝以外の言葉が欲しい。

何をどうやって書きだしたらいいかわからないのですが。

 

うーんと。

 

あのですね。

 

自分の誕生日をね、大好きな作品の世界の中で迎えられるだけで、本当に幸せだなと思ってたんですよ。
しかも、その座組の皆さんに祝ってもらえるだけで。
お客様もお祝いしてくれて、終演後遊びに行ったバーでもたくさんたくさんお祝いしてもらって。

本当に、今年の誕生日は何て幸せなんだろう、って思ってました。

でも、それで終わらなかった。

6月30日。

めとめとひらくのメンバー槐奏子と、teamドラフト4位の橘奈穂ちゃんが中心になって、開いてくれた誕生日パーティー。

もう、本当に幸せ過ぎてわけがわからない空間でした。

 f:id:ONUMA_Eriko:20170702223715j:image

開いてくれる、ってこと自体は知ってたんです。

4月の頭くらいかな。

奏子ちゃん、Twitterも、FBも、インスタグラムも、一旦あたしとの繋がり切っとくっていう徹底ぶりで(笑)

切れてたのに気づいたあたしが「何かしたかね?」って聞いたら「サプライズやりたかったの」とww

 

まぁ、でも当然どなたがいらして下さるのかまでは知らなくてですね。

蓋開けたらびっくり。

同じ表現者仲間だけでなく、普段、舞台やライブにいらして下さるお客様までいらっしゃって、人数にして何と14人。

いらっしゃって下さるだけでも本当に有難いのに、お祝いのプレゼントも本当にたくさん頂きました。

赤い薔薇の花を一輪ずつ頂くとか、本当に憧れ過ぎて。

f:id:ONUMA_Eriko:20170702234503j:image

叶えて下さって、本当に本当にありがとうございます(;;)

「行きたかった」と言って下さってた方とか、急遽来れなくなってしまった方とか、奏子ちゃんや奈穂ちゃんにちらっと名前聞いただけでも5人以上居て、仮にその方達まで来てくださってたら確実に20人近くなってたわけで、何かもう、驚きと戸惑いと嬉しさとでわけがわからない状態でした(笑)

 

f:id:ONUMA_Eriko:20170702223753j:image

相変わらずのレベルの高さ!素敵な歌をプレゼントしてくれた友子ちゃん。

 f:id:ONUMA_Eriko:20170702223802j:image

あたしと会った事、二回しかないのに、奏子ちゃんからの熱烈ラブコール(笑)に応えてくれた片山さん。

 f:id:ONUMA_Eriko:20170702223825j:image

リクエストに応えてたくさんたくさん踊ってくれた真帆ちゃん。
「キセキノハナ」、最高に幸せでした。

 f:id:ONUMA_Eriko:20170702223842j:image

生歌、生ピアノでのノンバーバルを楽しんでくれた彩花ちゃん、
全っ然会ってなかったのにお祝いに駆けつけてくれたさっくん

f:id:ONUMA_Eriko:20170702232144j:image

何だかんだ久しぶりだった弓季しゃんに、さりげなく気を遣って動いてくれてた香奈子ちゃん。
かっきーさんも、いらして頂いて本当にありがとうございます。
奥様にはお世話になりすぎている……(笑)
(3人メインの写真なーい;△;)

観劇のご予定の前に駆けつけてくれた天驚さん。
プレゼントを渡して颯爽と会場を出るというイケメンぶりを発揮してくれました(笑)

f:id:ONUMA_Eriko:20170702234636j:image

最早親戚のおじさん的な立ち位置の南部さん(笑)
ワインとお洒落なおつまみを差し入れて下さいました。
引き延ばして下さった写真も!

がっつりカメラマンをしてくださった三毛猫さん。
全力のカメラマンっぷり、ほんとかっこよかったです(笑)

 f:id:ONUMA_Eriko:20170702223913j:image

f:id:ONUMA_Eriko:20170702223919j:image

安心と信頼の佐久間くん(笑)
やっぱり君のピアノで歌うのは楽しいね。
何より、本当に楽しそうに弾いてくれてたのが本当に嬉しかった。

 f:id:ONUMA_Eriko:20170702223935j:image

色々段取りをしてくれた奈穂ちゃん。
持ち前のしっかりさを存分に生かしてくれたこと、奏子ちゃんが本当に感謝してました(笑)
一緒にパフォーマンスしてくれたのも、とっても嬉しかったよ!
いつも、本当にありがとう。

 f:id:ONUMA_Eriko:20170702223956j:image

そして、奏子ちゃん。
あなたが言い出さなければ、この幸せな時間はありませんでした。
本当に本当に本当にありがとう。
これからもよろしくね。

 f:id:ONUMA_Eriko:20170702232219j:image

で、この日は更に、尚子しゃんからの新曲プレゼントっていうとんでもないサプライズまでございまして。
相変わらずこの人の曲はすんごいです。
お披露目、楽しみにしててください。
「プリズムソング」とはまた違う「あたし」がそこにいるから。

 

神様は、小沼枝里子の30代に一体何を求めているんだろう、と本気で思いましたww
だって、本当におかしいくらい幸せだったから。

 

小沼枝里子って女はね、ほんとクズだと思うんですよ(笑)

別に卑下とかじゃなくてさ。

それでも、これだけたくさんの人が想いを向けて下さってて、何か、なんででしょうね。本当に。

出会ってくれて、一緒に居てくれて、本当に、本当にありがとうございます。

ありがとうって言葉が本当に陳腐に感じるくらい、感謝しかありません。感謝って言葉も陳腐(笑)

どういう形で返していったらいいのかわからないけれど。

ひとまず、死ぬまで命を使い続けるしかないのだと、今は思います。

 

次の瞬間死んでもいい、って割といつも思ってるけど。

より、そうであれるよう。

命を使って、魂削って、あたしはあたしで在りたい。と、思います。

 

 

……とりあえず風邪治そう←