えがおで りんと このばしょで

表現者であり女・小沼枝里子のあれやこれ。

キャスト紹介④

さぁ、ラストスパート。

全作品出演陣。

 

f:id:ONUMA_Eriko:20170630132002j:image

薪場火炉人(マキバヒロヒト)役・義積雄大(よしづみゆうた)くん。

本役での出演は【怨道】と、【愚道】のラストシーン。

その他様々な役として、全作品に出演。

慾道では工場長が人気でしたw

今公演の陰の功労者と言っても過言ではないのでしょうか。

本当にお疲れ様でした。

一見真面目なんだけど(いや、実際真面目なんだと思うんだけど。すげー気遣い出来るし)、写真見てもらってわかる通り結構お茶目w

関西人の血かしらww

怨道のね、二度と終わらないかくれんぼがもう辛すぎてね…( ;  ; )

事件を経て、きっと何かが大きく変わったんだろう、と思うんだけど。

兄に等しい従兄弟と、幼馴染2人を一気に失った喪失感は如何程のものかと思うと、胸が抉られる。

鮫崎を許したわけじゃない、と言い放った彼は彼で、業の道を歩んでいるのだと思います。

その怨みから解放される時はくるのかな。

 

 

f:id:ONUMA_Eriko:20170630132959j:image

竹切讃岐造(タケキリサヌキノミヤツコ)役・那須美奈子ちゃん。

見た目麗しいのに中身おっさんという、これまた美味しいキャラクター(笑)

竹取の翁が竹を切った鉈から造られたとされる懐刀。

恐道での鮫崎とのシンクロ殺陣はかっこよかったねぇー♡

テーマである「血と刀」ってキーワードを大きく担うだろう役だけに、役作りには相当苦労した事と思います。

鮫崎の手元にある由縁。竹切自身も言ってたけど、それがわかった瞬間に「断ち切る」事の出来るものってのは、かなり大きそうです。

何か、美奈子ちゃんとは公演終盤あたりから急激に仲良くなれた気がします(笑)

10月もどうぞよろしく♡

 

 

f:id:ONUMA_Eriko:20170630133808j:image

鮫崎細雨(サメザキサザメ)役・小川亮くん。

主演、本当に本当にお疲れ様!

改めて、11日間32ステージって正気の沙汰じゃないよなと思いつつww

それをやってのけるのは、さすが疾駆猿の役者さんだと思います。

鮫崎は立場的にもかなりしんどいし、精神のHPがりがり削られるようなシーンも多かっただけに、本当に大変だったと思うんだけど。

主演として、座組を見事に引っ張っていってくれました。

それにしても、3月の短期公演で観た時は「絵に描いたような硬派なイケメン」って印象のキャラクターだったんだけど、今作でかなり人間臭さが観られたのは大分面白かった。

霏巫とどうなっていくのかも気になるところ。

10月も楽しみにしてます。

 

そして最後に。

他チームにご出演の皆様。

敏腕制作の高原薫ちゃんと、当日制作のお手伝いにいらして下さった皆様。

衣装・小道具班の沙織ちゃん。

照明のあさみちゃん。

そして、脚本・演出・音響・舞台監督・声の出演(慾道の和尚・笑)信也さん。

本当に本当に、ありがとうございました。

10月も何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

これにて、ようやく一区切り。

まだまだ寂しさは拭えませんが、しばし日常に戻ります。

 

さようなら。なみさん。