えがおで りんと このばしょで

表現者であり女・小沼枝里子のあれやこれ。

もんもちながら6.0「天守物語」

ベイゲの抜き稽古のおかげで観に行けました。
信也さんありがとうございます…!!!(笑)

天守物語」はですね、実家にこちらの漫画がございましてね。

www.amazon.co.jp

お恥ずかしながら、戯曲として読んだ事が無いのですが、それでもやっぱりこの「天守物語」の世界観はとても好みでして。
もんもちさん、前回の「邯鄲」「卒塔婆小町」も最高に素敵だったので、本当に観に行けて良かった。

体感する、という言葉があたしの中でしっくりくる舞台に仕上がっていたので、あまり語る言葉は無いのですが。

 

何か、あれです。

ベイゲがんばろう、って思った。←

自然の摂理に従って生きる妖たちに比べると、本当に人間てわざわざ不自由なものを選んで生きてるよなぁ。
見えない鎖の中でもがいて生きる人間と、それをそれぞれの目線で見ている神妖たち、という図式はVAGUENIGMAとも通じるものがございまして。

うん。もっと安心してもがこう。
皆様、残り2ステージがんばってくださいまし。

 

そしてベイゲは来週の今日が初日です。
まだお席に余裕が御座いますので、ご予約のほど何卒。

f:id:ONUMA_Eriko:20170927174646j:plain

f:id:ONUMA_Eriko:20170927174650j:plain

疾駆猿第陸回公演

f:id:ONUMA_Eriko:20170909135706j:plain

「VAGUENIGMA-1959-
 鮫崎刑事の受難スパイラル【想道】| 明地百華の御節介メモアーズ【斬糸】」
「VAGUENIGMA - the Crossing - 鮫崎刑事の受難スパイラル【悉道】」

2017年10月21日(土)~29日(日)
シアターKASSAI(池袋)

小沼は【斬糸】に出演します!
早いもので、この「VAGUENIGMA」シリーズに関わらせて頂くのも四回目になりました。
2015年の8月に一目惚れしてから、こうしてこの世界の住人として舞台に立たせて頂ける事に心から感謝しております。

稽古もがつがつ進んで、どんどん新しいシーンが創り上げられていっております。
お見逃しなく!


10月
21日(土)  12時【想道】   16時【斬糸】  19時半【斬糸】
22日(日)  12時【斬糸】   16時【想道】  19時半【想道】
23日(月) ★12時【想道】  ★16時【斬糸】  19時半【斬糸】
24日(火)           16時半【悉道】 19時半【想道】
25日(水)  12時【悉道】  ★15時半【想道】 19時半【斬糸】
26日(木) ★12時【斬糸】   16時【悉道】  19時半【想道】
27日(金) ★12時【想道】  ★16時【斬糸】  19時半【斬糸
28日(土)  12時【斬糸】   16時【想道】  19時半【想道】
29日(日)  12時【想道】   16時【斬糸】
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。

◇チケット

ご予約フォームはこちら↓
https://www.quartet-online.net/ticket/schicksal201710?m=0gdajhj


【想道・斬糸】
前売 3500円
当日 4000円
​★平日マチネ・ジュルネ割⇒前売3300円/当日3800円

【悉道】
前売 2800円
当日 3300円

※チケットについて
全ての券種に関して、チケットをお持ちのお客様(料金お振り込み支払いの方)からの御入場となります。
お振り込みは、最終期日の9月29日(金)までにお済ませ下さい。
振り込み後の公演日時の変更は出来ません。
ご予約フォームより必要事項の送信後、指定口座にチケット料金+送料¥200(複数予約でも一律)をお振込み頂き、確認後、チケット郵送・ご予約確定となります。
なお、9月30日以降のご予約は劇場での精算、チケットお渡しとなります。

 

◇あらすじ
⇒鮫崎刑事の受難スパイラル【想道】
サンフランシスコ平和条約により、独立国家となった日本。
敗戦から復興し高度経済成長真只中、国家転覆を目論む蛇ノ目機関(ジャノメキカン)が暗躍していた。
旧關東軍の下で作られた特務機関は特殊な能力を持ったスパイ・虚子(ウロコ)を育成し、情報操作によって日本を再び軍事国家へと引き戻そうとしていたのである。
機関のトップである關東軍元大佐・中囃子林治楼(ナカバヤシリンジロウ)は1958年の4月に、九州の離島で死亡する。これにより機関の実権を握る内部抗争が勃発。
機関の幹部であり關東軍元中佐・篁竹範(タカムラタケノリ)と機関での人体実験を一手に掌握していた霞原博士の実子である霞原霖禰(カスミハラリンネ)が対立し「穏やかな戦い」を続け、蛇ノ目機関は日本の影で静かに自身の亀裂を広げていく。

己の信じる正義を貫くという信念を持ちつつ、自らの血脈に縛られて生きている刑事の鮫崎細雨(サメザキサザメ)は、巣鴨プリズンから釈放後の篁の所在把握に苦戦していた。
相棒の死や特別任務の重圧から偏屈になっていた彼を救ったのは機関を裏切り逃走した虚子の霞原霏巫(カスミハラヒミコ)との出逢いであった。
彼は霏巫を護りながらも自らが目指す未来への道へと辿り着けるのか…。

激動の時代に翻弄された者達の結末が迫っていた。

 

⇒明地百華の御節介メモアーズ【斬糸】
サンフランシスコ平和条約により、独立国家となった日本。
敗戦から復興し高度経済成長真只中、国家転覆を目論む蛇ノ目機関(ジャノメキカン)が暗躍していた。
旧關東軍の下で作られた特務機関は特殊な能力を持ったスパイ・虚子(ウロコ)を育成し、情報操作によって日本を再び軍事国家へと引き戻そうとしていたのである。
機関のトップである關東軍元大佐・中囃子林治楼(ナカバヤシリンジロウ)は1958年の4月に、九州の離島で死亡する。これにより機関の実権を握る内部抗争が勃発。
機関の幹部であり關東軍元中佐・篁竹範(タカムラタケノリ)と機関での人体実験を一手に掌握していた霞原博士の実子である霞原霖禰(カスミハラリンネ)が対立し「穏やかな戦い」を続け、蛇ノ目機関は日本の影で静かに自身の亀裂を広げていく。

探偵一家に生まれた好奇心旺盛な探偵見習いの大学生・明地百華(アケチモモカ)は、記者の薪場火炉人(マキバヒロヒト)と情報屋で靴磨きの久住木兎(クズミミミズク)と共に、東北M県の山中にある村に向かう。
彼女が受けた依頼は、名家である蘆屋家の末の娘が神隠しに遭い、彼女を探し出して欲しいというものだった。
彼女は奇妙な因縁で紡がれ、複雑に絡み合った糸を解き明かす事が出来るのか…。

激動の時代に翻弄された者達の結末が迫っていた。

 

⇒鮫崎刑事の受難スパイラル【悉道】
サンフランシスコ条約により、独立国家となった日本は、敗戦から復興し高度経済成長真只中であった。
その裏では、旧關東軍の下で作られた蛇ノ目機関(ジャノメキカン)が、特殊な能力を持ったスパイ・虚子(ウロコ)を育成し、情報操作によって日本を再び軍事国家へと引き戻そうと暗躍していたのである。

己の信じる正義を貫くという信念を持ちつつ、自らの血脈に縛られて生きている刑事の鮫崎細雨(サメザキサザメ)は、警部の檻形刑部(オリカタギョウブ)から極秘の任務を遂行するよう命令される。
「穏やかな戦い」の中で「運命の車輪」が廻り出す…。
(参回短期公演の【志道】、伍回半公演の【怨道】【愚道】【慾道】【恐道】をまとめた作品になります。)


​◇キャスト
鮫崎刑事の受難スパイラル【想道】
小川 亮(疾駆猿)
石塚 みづき
maica
那須 美奈子

江口 愛
齋藤 桃子
望月 光
齋藤 伸明(黒雪構想)
牧野 純基(黒雪構想)
澤田 圭佑(刀屋壱 / SHOW-BZ)
福丸 繚
西澤 翔
工藤 沙緒梨(カプセル兵団)
家永 惠理(アニャハイム・エレクトロニクス)
義積 雄大
竹田 航(Actor′s Live Theater)
大山 カリブ
中野 貴文
北川 大佑(刀屋壱)
前野 誠二
森 勇介
朝比奈 叶羽(刀屋壱)
林 真由美(疾駆猿)
三浦 沙織(疾駆猿)
高本 愛子(疾駆猿)

鎌田 秀勝(PROPAGANDA STAGE)
妻木 尚美(明治座アートクリエイト)
柴木丈瑠

◇ゲスト
21日(土)12時、22日(日)16時・19時半
⇒亀井 英樹(ワニガメろどりげす。)

23日(月)12時、24日(火)19時半、25日(水)15時半
⇒松本 寛也

26日(木)19時半、27日(金)12時
⇒長谷川 太郎(少年社中 / 森の太郎 / dope A dope)

28日(土)16時・19時半、29日(日)12時
⇒中村 隆太(劇団居酒屋ベースボール)
 瓜竜 健司


明地百華の御節介メモアーズ【斬糸】
清水 那奈子
西澤 翔
義積 雄大
水崎 綾

齋藤 桃子
江口 愛
中村 隆太(劇団居酒屋ベースボール)
小沼 枝里子
藤田 幸士
塩原 奈緒
なにわえ わみ(劇団フェリーちゃん)
植松 はちこ
佐々木 くるみ
末次 祐季
かおりかりん(進戯団 夢命クラシックス
角田 拓真
吉村 慧一郎(演劇ユニット パラレロニズム)
渡邉 はこ(劇団ムツキカっ!!)
篠崎 章宏
井上 玲奈
小夜
青葉 彩花
山下 雄基(演劇ユニット パラレロニズム)
三浦 沙織(疾駆猿)

黒坂 カズシ
柴田恵子(明治座アートクリエイト)
音野 暁(ロデオ★座★ヘヴン)

◇ゲスト
21日(土)16時・19時半、22日(日)12時
⇒小野川 晶(虚構の劇団)

23日(月)16時・19時半、29日(日)16時
⇒竹内 尚文(少年社中)

25日(水)19時半、27日(金)16時・19時半
⇒石部 雄一

26日(木)12時、28日(土)12時
⇒陽田 奈緒


鮫崎刑事の受難スパイラル【悉道】
小川 亮(疾駆猿)
石塚 みづき
那須 美奈子
江口 愛
齋藤 桃子
清水 那奈子
望月 光
牧野 純基(黒雪構想)
福丸 繚
西澤 翔
義積 雄大
大山 カリブ
中野 貴文
森 勇介
林 真由美(疾駆猿)
三浦 沙織(疾駆猿)
高本 愛子(疾駆猿)

VAGUENIGMA

早くも初日まであと二週間となりましたので。
ここいらで改めてベイゲ愛を思い出とともに語る。

六月の伍回半の時にもちろっと記事に書いたのですが、あたしが初めてこの「VAGUENIGMA」というシリーズ作品を観たのは2015年の8月の事でした。
新宿眼科画廊での参回半公演。

onuma-eriko.hatenablog.com

詳しくは↑の記事を読んでいただきたいのですが、至極簡単に言うと一目惚れしてその次の公演に出させてもらったのがベイゲとのお付き合いの始まりでした(笑)

 

初めて出演のベイゲはこちら。
第肆回公演「VAGUENIGMA-1999- 宮堂青年の幻怪モラトリアム【晩春】」
高校の美術教師・小茂根美優。
自分が顧問を務める美術部の生徒に絵を描かせ、画商である夫と共に売りさばいている、という何ともあくどい女でした(笑)
バブルの生き残り、という事で母にどピンクのジャケットを借りたんだけど、肩パッドがいい具合でww
気になる方は販売パンフ見てね(笑)

f:id:ONUMA_Eriko:20171007002839j:plain

旦那様役でお世話になった、刀屋壱の伊藤真さん。
あんなにガチのキスシーンをやったのは、この作品が初めてでしたww

f:id:ONUMA_Eriko:20171007002848j:plain

 

 

2回目はこちら。
第伍回公演「VAGUENIGMA-1958- 日和見助手の怪異レポート【総記】」
蛇鱗島(ジャリンジマ)唯一の医者・薬師景穏(クスシケイオン)。
正体は蛇ノ目機関の虚子(ウロコ)で、過去作に登場した廻天斎流黒(カイテンサイリュウコク)こと薬師景流(クスシケイリュウ)の双子の妹。
実は網目よりも階級は上なのでした。
(※虚子の階級は、名前の文字数でわかるよ。下上とかは例外だけど)
この時は、下上や網目錦と少し絡めたのがとても嬉しかった。
初のお医者さん役で、白衣着れたのも結構嬉しかったのです(笑)

f:id:ONUMA_Eriko:20171007013026j:plain
f:id:ONUMA_Eriko:20171007011657j:plain

この時は竹田航くん演じる若き猟師に恋をされてました(笑)
「好きだから殺すんだよ」は名言。

f:id:ONUMA_Eriko:20171007013324j:plain

 

 

そして3回目がこの間のになりますね。
第伍回半公演「VAGUENIGMA-Wheel of Fortune- 鮫崎刑事の受難スパイラル【慾道】」
赤線の元・娼婦、市松なみ。

f:id:ONUMA_Eriko:20170628182141j:plain

旦那さん役の北川大佑くんには、舞台上で本当にたくさんの幸せをもらいました。
そして2回目のガチのキスシーンww
刀屋壱の俳優さんにはお世話になっておりますww

f:id:ONUMA_Eriko:20170629001954j:plain

 

 

そして4回目。10月21日からスタートする第陸回公演。
「VAGUENIGMA-1959- 明地百華の御節介メモアーズ【斬糸】」

f:id:ONUMA_Eriko:20170927174646j:plain

f:id:ONUMA_Eriko:20170927174650j:plain

「鮫崎刑事の受難スパイラル【想道】」

「-the Crossing- 鮫崎刑事の受難スパイラル【悉道】」

も、よろしくね!!!
ご予約はこちらから!↓
https://www.quartet-online.net/ticket/schicksal201710?m=0gdajhj

 

はい(笑)

こうして振り返ってみると、必ず旦那か相手役的な人がいるな、あたしww
今回はどうでしょうねぇ?(笑)
勿論その辺は観てのお楽しみ♡なんだけど。
今回はまた全然違った役を頂いてます。


分かる人には分かるでしょう、見たら(笑)
役としては勿論愛しているけれど、あーこいつ拗らせてんなー面倒だなーと思いながら演じています(笑)

 

Vague(曖昧な)+Enigma(謎)=VAGUENIGMA

「ベイゲ」や「ベイゲニ」の愛称で親しまれているこの物語は、あたしと同じように「元ファン」の役者さんが多いのが特徴の一つでは、と思っておりまして。
「観て自分も出たいと思った」「信也さんに出たいと直談判しに行った」という話は結構良く聞きます。
また、日和見愛歩役の竹内尚文くんしかり、明地百華役の清水那奈子ちゃんしかり、同じ役者さんが同じ役を演じ続け、物語と共に愛されるキャラクターになっているのも本当に大きな魅力!
(伍回半公演で、那奈子ちゃんは百華役一筋で疾駆猿50回出演達成!
それよりも前に、尚くんは日和見くんとシロナムチで出演100回達成してますww)
主演を続けてきた役者さん達のベイゲ愛はまた一段と深いです。

ファンであり登場人物のあたし達にとって、新しい台本はある意味グッズのようなもので(笑)、読んでは「うわぁぁぁぁ」となり、演出がついては「うひゃあああああ」となり、

「早く観て欲しいねー!!!!(ネ タ バ レ し た い !!!w)

となるのですw

 

小劇場の世界に足を踏み入れて10年近くなりますが、言うほどあたしはたくさんの現場を知っているわけではないのだけれど。
でも、出演者の中にこんなにも純粋なファンがいる現場、というのはなかなかお目にかかったことがありません。
シリーズでやっているから、当然何回も何回も出演している役者さんが多くはなってくるのだけれど、変な内輪っぽさもないし、常連組の輪の中に入りにくい、みたいな感覚も無く。
常連組がいる座組というのは、閉鎖的な空間が出来やすい傾向があるのですが、そういうのが無くて結構あっさりしてるのが疾駆猿さんの好きなところです(笑)

シリーズものかぁ…と観劇に二の足を踏む方もいらっしゃるようですが、まったく問題ありません。
あたしも初めて観たのが参回半からです。
その後も全部観てるわけじゃありません。
何だかんだ過去台本も読み切れてないし(笑)
それでも十分楽しめます。
ハマる人は本当にハマるんです。ベイゲ沼に(笑)

あ、この間のライブをフルで撮影して下さった方が居るので、良かったらこちらの動画ご覧くださいね。
合間のMCでベイゲの事めっちゃ語ってますw

www.youtube.com

我ながら熱いww
好き嫌いは本当にはっきり分かれる作品だと思うし、「ラノベかぶれ」みたいな批判をしてくる人も居たりする。

だけどあたしは本当に、この「VAGUENIGMA」という作品を一度でいいから観て欲しいんです。大好きなんです。

観ない理由が特別無いのならば一度観てみて欲しい。

心からそう思っています。

 

初日まであと2週間。
一人でも多くの方に届きますよう。
週末二回あるし!!(笑)
既にご観劇予定の方、是非是非お知り合いを引っ張ってきてください。
好みか否かは置いといて、退屈はさせません。
その自信があります。

もう一回。

ご予約はこちらから!(笑)↓
https://www.quartet-online.net/ticket/schicksal201710?m=0gdajhj

まだまだまだまだ煮詰めていきます。
まごうことなき「人」の姿をその目に焼き付けて下さい。

楽園。

夜は短し歌えよ乙女vol.21

無事に終演致しました。

ご来場下さった皆様、対バンして下さったシンガーの皆様、NOMADの皆様、そして主催のタクトくん。

本当にありがとうございました。


無茶ぶりにいつも快く応えてくれる佐久間くん。
今回も本当にありがとう。
彼との付き合いも、間もなく一年になります。
ていうかまだ一年か。嘘だろ(笑)


そして、「小沼枝里子」そのものの曲を作ってくれた尚子しゃん。
本当に、本当に、心から感謝してます。
やっと、ステージの上の「プリズムソング」も聴いてもらうことが出来ました。

この日の小沼的メインイベントは、誕生日にプレゼントしてもらった「EDEN」の初お披露目。

onuma-eriko.hatenablog.com

まだまだ歌うこと自体は馴染んでいなくて、少したどたどしい歌になってしまったとは思うのだけど。
それも含めて、あたしの「今」を精一杯歌い上げたつもりです。

愛すること恐れながら
強くなりたい
わたしは見つけた


沸きおこる風
足下に叫ぶ花たち
わたしは見つけた


愛し合う物語へと導かれよう
わたしはわたしと
こころが今 舞い上がる
夜の手をすり抜けて


東へ

「EDEN」は、内側のあたし。
こんなにも美しい風景をあたしの中に見出してもらえた事が、ただただ嬉しかった。
それと同時に、知っていた、と思う。

でもさぁ、忘れるんだよね、やっぱり。
人がそれぞれ持つ美しい風景を。

f:id:ONUMA_Eriko:20171005214103j:image

「プリズムソング」は、外側のあたし。
結構歌うたびに感覚が変わる曲ではあるんだけど、この日は「風景を忘れた」とこからスタートした感じでした。

あたしはここにいるわ
あなたが明日いなくなっても
どんな色にもなれるの
幕が下りるそのときまで


あたしはここにいるわ
舞台の上で影が踊る
どんな色に染まっても
どうかこの声を愛して
どうかこの声を愛して

 

f:id:ONUMA_Eriko:20171005214028j:image でも、いつも割と変わらないのは、ここの部分歌ってる時の無敵感(笑)
「プリズム」って、きらきらした光の事だと思っていたんだけど、改めてちゃんと調べてみたら「多面体」の事なんだね。
無知具合が恥ずかしいが(笑)、でも、妙に納得した。

 

f:id:ONUMA_Eriko:20171005214202j:image

感情ってさ、わけがわからない色の洪水が合わせ鏡に映っているみたいなもんで、
だけど、それを全部全部見つめて飲み干して「ここ」に立てた時。

恐れも悲しみも憎しみも恨みも寂しさも不安も醜さも、
勇気も喜びも嬉しさも愛も美しさも希望も、
そんな無数の「あたし」を「愛して」と叫ぶことができた時。

すべては、ここにあると知った。

f:id:ONUMA_Eriko:20171005214132j:image

「プリズムソング」は、まだまだ変化するだろうし、
「EDEN」は、これから育てていく曲で、
きっと歌う度にどちらも違う風に聴こえるんだろうと思います。

あたしも変わらないまま変わり続けていくから。
乱反射する光のように、無限に映り込む合わせ鏡のように、無数のあたしがいる。
絶対に、もう忘れない。

どこまで行ってもここじゃないから、あたしはここにいるんだ。

どこまで行ったって、「ここ」は「ここ」なんだ。

 

誰かが居ても居なくても、あたしはあたしです。

 

ありがとう。

 

消えないの。
二度となくさない。

出没情報

9月が……終わる……早い……。

改めて今後の出没情報のお知らせでーす。

 

10月3日(火)
◇夜は短し歌えよ乙女vol.21@代官山NOMAD
Open 18:30/start 19:00
前売 2500円/当日 2800円 1ドリンク別

ひっさびさにがっつりライブ出ます。主催のタクトくん、いつもありがとう!
誕生日に尚子しゃんがプレゼントしてくれた新曲「EDEN」を、ここで初披露しようかと思っています。
ピアノサポートはお馴染み佐久間くん。
今、ピアノアレンジをお願いしています。
どんな風になるかとても楽しみ。
新しい曲が産声を上げる瞬間を観に来てね。
トップバッターです、よろしく!!!(笑)

 

10月21日(土)~29日(日)
◇疾駆猿第陸回公演
 「VAGUENIGMA -1959- 鮫崎刑事の受難スパイラル【想道】│明地百華の御節介メモアーズ【斬糸】」
 「VAGUENIGMA -The Crossing- 鮫崎刑事の受難スパイラル【悉道】」

f:id:ONUMA_Eriko:20170927174646j:plain

 

詳細はこちら↓の記事をごらんくださーい!

onuma-eriko.hatenablog.com

今回、出演者数が過去最多だそうなので、特に土日は早々に売り切れる可能性が。
今からスケジュールに加えといて下さい。
1作品見たら絶対3作品コンプリートしたくなること請け合いなので、とりあえず空けとこう。とりあえず(笑)
今回の役もだいぶ面白いことになってます(笑)

 
出来るだけ多くの人と、同じ場所、同じ時間を共有出来たら嬉しいな。
よろしくお願いします!

【フライヤー画像公開!】VAGUENIGMA -1959-

f:id:ONUMA_Eriko:20170927174646j:image

f:id:ONUMA_Eriko:20170927174650j:image

疾駆猿第陸回公演

f:id:ONUMA_Eriko:20170909135706j:plain

「VAGUENIGMA-1959-
 鮫崎刑事の受難スパイラル【想道】| 明地百華の御節介メモアーズ【斬糸】」
「VAGUENIGMA - the Crossing - 鮫崎刑事の受難スパイラル【悉道】」

2017年10月21日(土)~29日(日)
シアターKASSAI

小沼は【斬糸】に出演します!
早いもので、この「VAGUENIGMA」シリーズに関わらせて頂くのも四回目になりました。
2015年の8月に一目惚れしてから、こうしてこの世界の住人として舞台に立たせて頂ける事に心から感謝しております。

稽古もがつがつ進んで、どんどん新しいシーンが創り上げられていっております。
今回のあたしの役は…またちょっと別記事で語りましょう(笑)
お見逃しなく!


10月
21日(土)  12時【想道】   16時【斬糸】  19時半【斬糸】
22日(日)  12時【斬糸】   16時【想道】  19時半【想道】
23日(月) ★12時【想道】  ★16時【斬糸】  19時半【斬糸】
24日(火)           16時半【悉道】 19時半【想道】
25日(水)  12時【悉道】  ★15時半【想道】 19時半【斬糸】
26日(木) ★12時【斬糸】   16時【悉道】  19時半【想道】
27日(金) ★12時【想道】  ★16時【斬糸】  19時半【斬糸
28日(土)  12時【斬糸】   16時【想道】  19時半【想道】
29日(日)  12時【想道】   16時【斬糸】
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。

◇チケット

ご予約フォームはこちら↓
https://www.quartet-online.net/ticket/schicksal201710?m=0gdajhj


【想道・斬糸】
前売 3500円
当日 4000円
​★平日マチネ・ジュルネ割⇒前売3300円/当日3800円

【悉道】
前売 2800円
当日 3300円

※チケットについて
全ての券種に関して、チケットをお持ちのお客様(料金お振り込み支払いの方)からの御入場となります。
お振り込みは、最終期日の9月29日(金)までにお済ませ下さい。
振り込み後の公演日時の変更は出来ません。
ご予約フォームより必要事項の送信後、指定口座にチケット料金+送料¥200(複数予約でも一律)をお振込み頂き、確認後、チケット郵送・ご予約確定となります。
なお、9月30日以降のご予約は劇場での精算、チケットお渡しとなります。

 

◇あらすじ
⇒鮫崎刑事の受難スパイラル【想道】
サンフランシスコ平和条約により、独立国家となった日本。
敗戦から復興し高度経済成長真只中、国家転覆を目論む蛇ノ目機関(ジャノメキカン)が暗躍していた。
旧關東軍の下で作られた特務機関は特殊な能力を持ったスパイ・虚子(ウロコ)を育成し、情報操作によって日本を再び軍事国家へと引き戻そうとしていたのである。
機関のトップである關東軍元大佐・中囃子林治楼(ナカバヤシリンジロウ)は1958年の4月に、九州の離島で死亡する。これにより機関の実権を握る内部抗争が勃発。
機関の幹部であり關東軍元中佐・篁竹範(タカムラタケノリ)と機関での人体実験を一手に掌握していた霞原博士の実子である霞原霖禰(カスミハラリンネ)が対立し「穏やかな戦い」を続け、蛇ノ目機関は日本の影で静かに自身の亀裂を広げていく。

己の信じる正義を貫くという信念を持ちつつ、自らの血脈に縛られて生きている刑事の鮫崎細雨(サメザキサザメ)は、巣鴨プリズンから釈放後の篁の所在把握に苦戦していた。
相棒の死や特別任務の重圧から偏屈になっていた彼を救ったのは機関を裏切り逃走した虚子の霞原霏巫(カスミハラヒミコ)との出逢いであった。
彼は霏巫を護りながらも自らが目指す未来への道へと辿り着けるのか…。

激動の時代に翻弄された者達の結末が迫っていた。

 

⇒明地百華の御節介メモアーズ【斬糸】
サンフランシスコ平和条約により、独立国家となった日本。
敗戦から復興し高度経済成長真只中、国家転覆を目論む蛇ノ目機関(ジャノメキカン)が暗躍していた。
旧關東軍の下で作られた特務機関は特殊な能力を持ったスパイ・虚子(ウロコ)を育成し、情報操作によって日本を再び軍事国家へと引き戻そうとしていたのである。
機関のトップである關東軍元大佐・中囃子林治楼(ナカバヤシリンジロウ)は1958年の4月に、九州の離島で死亡する。これにより機関の実権を握る内部抗争が勃発。
機関の幹部であり關東軍元中佐・篁竹範(タカムラタケノリ)と機関での人体実験を一手に掌握していた霞原博士の実子である霞原霖禰(カスミハラリンネ)が対立し「穏やかな戦い」を続け、蛇ノ目機関は日本の影で静かに自身の亀裂を広げていく。

探偵一家に生まれた好奇心旺盛な探偵見習いの大学生・明地百華(アケチモモカ)は、記者の薪場火炉人(マキバヒロヒト)と情報屋で靴磨きの久住木兎(クズミミミズク)と共に、東北M県の山中にある村に向かう。
彼女が受けた依頼は、名家である蘆屋家の末の娘が神隠しに遭い、彼女を探し出して欲しいというものだった。
彼女は奇妙な因縁で紡がれ、複雑に絡み合った糸を解き明かす事が出来るのか…。

激動の時代に翻弄された者達の結末が迫っていた。

 

⇒鮫崎刑事の受難スパイラル【悉道】
サンフランシスコ条約により、独立国家となった日本は、敗戦から復興し高度経済成長真只中であった。
その裏では、旧關東軍の下で作られた蛇ノ目機関(ジャノメキカン)が、特殊な能力を持ったスパイ・虚子(ウロコ)を育成し、情報操作によって日本を再び軍事国家へと引き戻そうと暗躍していたのである。

己の信じる正義を貫くという信念を持ちつつ、自らの血脈に縛られて生きている刑事の鮫崎細雨(サメザキサザメ)は、警部の檻形刑部(オリカタギョウブ)から極秘の任務を遂行するよう命令される。
「穏やかな戦い」の中で「運命の車輪」が廻り出す…。
(参回短期公演の【志道】、伍回半公演の【怨道】【愚道】【慾道】【恐道】をまとめた作品になります。)


​◇キャスト
鮫崎刑事の受難スパイラル【想道】
小川 亮(疾駆猿)
石塚 みづき
maica
那須 美奈子

江口 愛
齋藤 桃子
望月 光
齋藤 伸明(黒雪構想)
牧野 純基(黒雪構想)
澤田 圭佑(刀屋壱 / SHOW-BZ)
福丸 繚
西澤 翔
工藤 沙緒梨(カプセル兵団)
家永 惠理(アニャハイム・エレクトロニクス)
義積 雄大
竹田 航(Actor′s Live Theater)
大山 カリブ
中野 貴文
北川 大佑(刀屋壱)
前野 誠二
森 勇介
朝比奈 叶羽(刀屋壱)
林 真由美(疾駆猿)
三浦 沙織(疾駆猿)
高本 愛子(疾駆猿)

鎌田 秀勝(PROPAGANDA STAGE)
妻木 尚美(明治座アートクリエイト)
柴木丈瑠

◇ゲスト
21日(土)12時、22日(日)16時・19時半
⇒亀井 英樹(ワニガメろどりげす。)

23日(月)12時、24日(火)19時半、25日(水)15時半
⇒松本 寛也

26日(木)19時半、27日(金)12時
⇒長谷川 太郎(少年社中 / 森の太郎 / dope A dope)

28日(土)16時・19時半、29日(日)12時
⇒中村 隆太(劇団居酒屋ベースボール)
 瓜竜 健司


明地百華の御節介メモアーズ【斬糸】
清水 那奈子
西澤 翔
義積 雄大
水崎 綾

齋藤 桃子
江口 愛
中村 隆太(劇団居酒屋ベースボール)
小沼 枝里子
藤田 幸士
塩原 奈緒
なにわえ わみ(劇団フェリーちゃん)
植松 はちこ
佐々木 くるみ
末次 祐季
かおりかりん(進戯団 夢命クラシックス
角田 拓真
吉村 慧一郎(演劇ユニット パラレロニズム)
渡邉 はこ(劇団ムツキカっ!!)
篠崎 章宏
井上 玲奈
小夜
青葉 彩花
山下 雄基(演劇ユニット パラレロニズム)
三浦 沙織(疾駆猿)

黒坂 カズシ
柴田恵子(明治座アートクリエイト)
音野 暁(ロデオ★座★ヘヴン)

◇ゲスト
21日(土)16時・19時半、22日(日)12時
⇒小野川 晶(虚構の劇団)

23日(月)16時・19時半、29日(日)16時
⇒竹内 尚文(少年社中)

25日(水)19時半、27日(金)16時・19時半
⇒石部 雄一

26日(木)12時、28日(土)12時
⇒陽田 奈緒


鮫崎刑事の受難スパイラル【悉道】
小川 亮(疾駆猿)
石塚 みづき
那須 美奈子
江口 愛
齋藤 桃子
清水 那奈子
望月 光
牧野 純基(黒雪構想)
福丸 繚
西澤 翔
義積 雄大
大山 カリブ
中野 貴文
森 勇介
林 真由美(疾駆猿)
三浦 沙織(疾駆猿)
高本 愛子(疾駆猿)