えがおで りんと このばしょで

表現者であり女・小沼枝里子のあれやこれ。

「忘れないよ 今日の景色を」

間に本番を挟んだので、すっかり遅くなってしまいましたが。

「岡島沙緒梨劇場2018 立春」ご来場誠にありがとうございました。

まずは、佐久間くんと片山さんとのパフォーマンスを振り返ってみようと思います。

片山さんが、めちゃくちゃ嬉しいブログを書いてくれたので、こちらも是非ご一読下さい。

ameblo.jp

小沼が書いた雑記のような台本はこちらからご覧ください。
やってみたかったらどうぞ。(使用料も特に必要ありません。あ、払いたかったら払ってもいいよ笑)
あたし達と同じものにはできないと思うので。
人が変われば当たり前に変わるし、歌う曲を変えればなおさらね。
あなただけのストーリーを紡いでみてください。

ちなみにセトリはこちら↓

1.EDEN(オリジナル)
2.大事なものは目蓋の裏(KOKIA)
3.Re:I AM(Aimer)

二人との共演が目的そのものだったので、やりたい事は出来た、とは思っています。
正直、覚えていないんです。パフォーマンス中のこと。

ワンマンライブの時もそうだったけど、記憶に鮮明に焼き付く一瞬ってあるじゃないですか。そういうのしか、覚えてないの。
その「瞬間」て、きっと片山さんも佐久間くんも違うんだろうな、って思うし、それが複数人でやる時の面白さだよな、とも思います。
勿論、同じく覚えている瞬間もあると思うんだけどね。

あたしが一番覚えているのは夜の回。「わたしは還る」って台詞の前。
お互いを同じタイミングで振り返ったんですよね。振り返る速度も一緒。
あの時の片山さんの表情、はっきり覚えてる。

片山さんがブログで書いてくれてる手を掴んだ瞬間とか、腰を掴んだ瞬間も勿論覚えてるんだけど、発信よりも受信の方が鮮烈に覚えてるもんだなぁ、と思います(笑)

 

作りたかったのは、「一人が三人」「三人で一人」の世界。

あなたの目には、どう映っていたでしょうか。

 

場当たり時に撮影頂いた写真も掲載したかったんだけど、ちょっと整理が追い付いてないので、後日この記事に加筆する形で載せますね。
お楽しみに。

こういう形のパフォーマンスはまたやりたいな。
二人とも、また必ず。

そう遠くないいつかの日に、また還ってきてね。
あたしのところへ。

【!昼回満席!】岡島沙緒梨劇場

!!岡島沙緒梨劇場、ご予約絶賛受付中!!

さあさあ、日にちも迫って参りました。
おかげさまで続々とご予約頂いております、本当にありがとうございます!!

なんと、14時の回は完売!満員御礼!嬉しやーーー

f:id:ONUMA_Eriko:20171219130021j:imageかれいどすこーぷからは、日本神話の女神の物語をお届け。新作ですよ。
タイトルは「海神の二の姫~琥珀と真珠~」
脚本は勿論、瀬戸神社の美人神主・瀬戸瑞樹嬢。
前回に引き続き、保志乃弓季嬢演じる稗田阿礼も登場します。
「浦島太郎」の元にもなったともされる、海幸彦と山幸彦の物語。
山幸彦を愛した豊玉姫と、その妹・玉依姫のお話です。
今回も、瑞樹しゃんの脚本光ってますよ。

onuma-eriko.hatenablog.com

 

f:id:ONUMA_Eriko:20180119144744j:plain

そして、「岡島沙緒梨劇場 2017 新春」に引き続き今回も佐久間くんのピアノで歌います。
今回は片山耀将さんにもご助力を願いました。
久しぶりに、短い短い脚本を書きました。
歌と音と舞の融合。どうぞお楽しみに。
パフォーマンスに向けた思いはこちらに書きました。↓

2016年に行ったワンマンライブ「月影-GETSU EI-」をご覧になった方、行きたかったけど行けなかった、という方には是非ご覧頂きたい。
小沼ワールド全開で参ります。

 

 f:id:ONUMA_Eriko:20171219130046j:imageそれから、こちらのイベントで小沼の新作ミニフォトアルバム「ブランクペーパー」も発売。
詳細は以下の通り。

仕様→A5スクエア
ページ数→36P
価格→1000円

是非お手に取ってご覧くださいませ♡

 

皆様と楽しい時間を過ごせる事、心から楽しみにしております。

 

​岡島沙緒梨劇場 2018 立春

2018年2月4日(日)@絵空箱

◆タイムテーブル
14:00/18:00
※開場は開演の30分前
※14時の回はキャンセル待ちを受け付けます。

◆チケット
3000円(1drink代込)

かれいどすこーぷ扱いはこちら↓
https://www.quartet-online.net/ticket/ojs_201802?m=0hdddec

小沼枝里子×佐久間英憲×片山耀将扱いはこちら↓
https://www.quartet-online.net/ticket/ojs_201802?m=0hdddgg

◆出演者

Platform
かれいどすこーぷ
瀬谷和弘
コヒツジズ
小沼枝里子×佐久間英憲×片山耀将
くろいしろのわーる

矢島×瀬谷(仮)

 

 

君が装ひし貴くありけり。

その時、一人の舎人がいた。

姓は稗田、名は阿礼。

目に触れたものは即座に言葉にすることが出来、耳に触れたものは決して忘れることはない。

その目に、その耳に、この国の神々の世界を、神々の歴史を、記し留めること。

それがその舎人の使命であった。

 

ふることにつたう。

海神の宮殿に住まう姫君の物語。

 

f:id:ONUMA_Eriko:20171219130021j:plain

めとめとひらくとはまた違った意味で、良くわからないユニット「かれいどすこーぷ」。
例によって、小沼がただただ勢いで作り上げた、超絶ゆるく自由なユニットです←

占い師・神主・怪談師が揃っているという正体不明具合が売り(ぇ

 

普段はそれぞれのフィールドで活動してますが、一昨年ようやっと三人で何かする機会を作って頂き(実に結成から丸一年←)、2016年の「岡島沙緒梨劇場Autumn」にて「紅涙」という木花咲耶姫と岩長姫の短編芝居を上演したのでした。

一回やっちゃうとですね、やっぱ「じゃあ今回も」となるもんでして(笑)

今回お届けするのは琥珀と真珠」

海の女神である、玉依姫豊玉姫の物語です。

f:id:ONUMA_Eriko:20171215145649j:plain

f:id:ONUMA_Eriko:20171215145640j:plain(年末に忘年会がてらミーティングした時の写真・笑)

弓季しゃんは前回に引き続き、稗田阿礼を演じて頂きます。
音響の編集もしてもらってます、本当に本当にありがとう…!!!!!

今回主役である妹・玉依姫は瑞樹しゃんが。
脚本、やっぱり大好きよ…!!

小沼は姉・豊玉姫を演じます。
全体的な演出と、脚本内の短い歌の作曲担当。

 

三人ともばったばたな時期で、こちらもこちらで結構無茶なスケジュールを組んでしまったのですが、小沼よりもよっぽど優秀なお姉さま方なのでこちらも大丈夫でしょう!!!←

まず、見目の麗しさは負けません。

そして勿論、美しいだけじゃありません。

どうぞ、楽しみになさっててください。

f:id:ONUMA_Eriko:20171215145658j:plain

つけた演出が形になっていく瞬間て、とてもわくわくするよね。
そわそわ。

 

​岡島沙緒梨劇場 2018 立春

2018年2月4日(日)@絵空箱

◆タイムテーブル
14:00/18:00
※開場は開演の30分前

◆チケット

​3000円(1drink代込)

かれいどすこーぷ扱いはこちら↓
https://www.quartet-online.net/ticket/ojs_201802?m=0hdddec

小沼枝里子×佐久間英憲×片山耀将扱いはこちら↓
https://www.quartet-online.net/ticket/ojs_201802?m=0hdddgg

◆出演者

Platform
かれいどすこーぷ
瀬谷和弘
コヒツジズ
小沼枝里子×佐久間英憲×片山耀将
くろいしろのわーる

矢島×瀬谷(仮)

 

 

何の変哲もない絶望。

いよいよあと一週間。

onuma-eriko.hatenablog.com

岡島沙緒梨劇場、間もなくです。

f:id:ONUMA_Eriko:20180128213307j:plain

本当に、かなり無茶なスケジュールを組んでしまいました。
きっと、やってくれちゃうだろうと思ってるんですけどね。(何様だって感じですけども)

正直、どんな形になるかまるで想像つきません。
本当に、まるで想像つかない。
リハしても、きっと当日いくらでも変わっちゃう。

見せ物としては失格かもしれません。
多分、賛否両論分かれるだろうとも思う。
意味は、あるようでないのかもしれないし、やっぱりあるのかもしれない。

本当に、本当にあたしのわがままでしかない、と思う。

だけど、一人で歌ってたあの時から、「三人で」になった事は、あたしの中ではとても大きい。
(あの時が「独り」だったとは思ってません。ただ、「一人」で歌うんだ、と思ってやったライブでした)

 

どうか、見届けて欲しいと思います。

 

絶望と希望が、一緒くたになる瞬間を。
三人の世界が混じり合う瞬間を。

 

 

​岡島沙緒梨劇場 2018 立春

2018年2月4日(日)@絵空箱

◆タイムテーブル
14:00/18:00
※開場は開演の30分前

◆チケット

​3000円(1drink代込)

かれいどすこーぷ扱いはこちら↓
https://www.quartet-online.net/ticket/ojs_201802?m=0hdddec

小沼枝里子×佐久間英憲×片山耀将扱いはこちら↓
https://www.quartet-online.net/ticket/ojs_201802?m=0hdddgg

◆出演者

Platform
かれいどすこーぷ
瀬谷和弘
コヒツジズ
小沼枝里子×佐久間英憲×片山耀将
くろいしろのわーる

矢島×瀬谷(仮)

 

 

【ご案内】エロかわ写真撮影WS

おかげさまで、お申込み・お問い合わせが相次いでおります。
有難いなぁ。

ws.formzu.net

お申込み後の流れをご案内致しますね。

 

①まず、上記メールフォームからお申込み

 ↓

②小沼から日程調整のメールをお送りします。
 この時点でざっくり2パターンに分かれます。

1 めとめとひらくのメンバーと面識がある方は撮影日の調整。
2 めとめとひらくのメンバーと面識がない方はお茶会の調整。

 ↓

 (ここで2の方とは4人でただの女子会←)

 ↓

③撮影!

 ↓

④後日、記念のミニフォトブックをお渡し♡

 

以上がざっくりした流れになります。

f:id:ONUMA_Eriko:20171220164706j:plain

WSは基本的に3人で、わちゃわちゃとモデルさんを好き放題着せ替え人形にします(笑)

これまでは小沼と槐の二人でWSを進めてきましたが、工藤が加わった事により

プロデューサーが二人と化粧師一人

という体制になりました。
基本的には、これまで通り槐がメインでプロデュースをする事が多いかとは思うのですが、モデルさんによっては工藤がメインプロデューサーとなる事もあります。
どちらがメインプロデューサーになるかはこちらで決定致しますので、当日を楽しみにお待ちくださいませ♡

さてさて。
現時点でいくつか注意事項がございますので、お申込みをご検討の方は以下お目通し下さいませ。

①本日以降お申込み頂いた方は4月からのご案内となります。
メンバーの本番等も被っておりますので、ご理解下さいませ。

また、これはWSそのものに関する注意事項というか、あたし達のわがままなのですが。

①モデルさんのリクエスト等は一切受け付けません。
 これは、私たちが女の子を好き勝手に着せ替え人形にするWSです。

②お申込みをお引き受けしない場合もあります。

特に②について。
明確な基準があるわけではありません。
ただ、あたし達が「引き受けられない」と感じたらお断りさせて頂く可能性があります。
勘違いしないで欲しいのは、あたし達が引き受けなかったからと言って、貴女が可愛くないとか魅力的じゃないとか、そういう事ではない、ってこと。
おそらく、滅多にないとは思うんですけども。
でも、「あたし達じゃないな」と思ったら、その時は勇気をもってお断りさせて頂きます。
先に謝っとこう。

わがままでごめんなさい。
でも出来れば一緒にわがままになって←

 

んー。今思いつける限りの事は書いてみたのですが。
あと書くことあるかなぁ。
ご質問やご不安なことがありましたら、何なりとどうぞ。
まだまだ発展途上のユニットであり、WSです。
ご意見、くださいね。

ameblo.jp

onuma-eriko.hatenablog.com