えがおで りんと このばしょで

表現者であり女・小沼枝里子のあれやこれ。

【受付中】2019年上半期リーディング【12/31〆切】

f:id:ONUMA_Eriko:20181011150435j:plain

今年もこの季節がやってきた。
2018年もあと2か月弱で終わりますよ。
来年に向けて、早めに心の棚卸しません?

f:id:ONUMA_Eriko:20181011150401j:plain

お申し込みはこちらからお願いします。

f:id:ONUMA_Eriko:20181011150318j:plain

譲ってもらったりしたおかげで、使用デッキもだいぶ増えました。
現在6種類です。
なんか、クロウカードがこの中にいるのちょっと面白いねww
でも、アニメグッズとは言えオラクルカードとして申し分ないのでどうぞご安心を。

ルーンとの付き合いは、もう5年以上になりますかね。
飽きっぽいあたしが良くまぁ続けているなぁ、と我ながら感心しています(笑)
最近、ちょっと勉強し直したくて北欧神話も含め色々調べたりしてますが、やっぱり面白いねぇ。
可愛いうちの子たちに会いにきてください(笑)

 

今期からちょろっと鑑定料を上げました。

でも変わらず通常メニューよりはお得です。

また、メール鑑定はこの時しかやってませんのでこの機会に是非どーぞ。

貴方が貴方自身の中に深く潜っていくためのツールとして上手く利用してください。

来年の話をすると鬼が笑うと申しますが、笑いたい鬼には笑わせておきましょう。

 

改めて、お申し込みはこちら

 

悩んでるくらいなら飛び込んじゃった方が楽しいよ。ね。

【今週末です】雲無夜、楽仮装、嗜美酒&きつねこまたのハローワーク

f:id:ONUMA_Eriko:20181011150352j:plain

前記事のゴルキラの前にも本番あります。

エビスSTARバープロデュース公演「雲無夜、楽仮装、嗜美酒」。14日、ゲスト出演します。

8月の「純文学のススメ」はあくまで脚色だったので、2月のベイゲぶりの信也さんの脚本・演出。
9月の「月輝夜」を見て「出たいです!!」と言って帰ってきたら本当に出してもらえることになりましたw

VAGUENIGMAシリーズのような重厚な物語も好きだけど、信也さんの描くこういう「どこにでもありそうな話」ってめちゃめちゃ好きなんですよ。
じんわりと心に染み入るような優しい物語になってるので、是非観てほしいなぁ。

別に、あたしが出る回じゃなくてもいいです。観てもらえるんだったら。

あたしが好きな脚本家であり演出家・佐藤信也の作品を是非ご覧ください。
あとね、この「バー公演」っていう独特な空間も是非楽しんでほしいな。
キャパ「小さい」なんてものじゃないので、この近さを体感して頂きたい(笑)
自分も登場人物になったような気分を味わえますよ!

 

エビスSTARバープロデュース公演 Manager04.

「雲無夜、楽仮装、嗜美酒」

 

◇脚本・演出

佐藤信也(疾駆猿)

◇あらすじ

恵比寿にある小さなバー。

そこは、店長が曜日ごと月ごとに変わっていくお店。

今回の店長は日常を楽しむアイデアに溢れた個性的な女性…。

一夜のパーティは、雲無き夜空とは裏腹な悲しき過去を曝け出す危険な宴。

◇場所

エビスSTARバー

◇公演スケジュール

!10月14日のみのゲスト出演!
​でも他の回も是非観てね!

10月
11日(木) 19:30
12日(金) 15:30★/19:30
13日(土) 12:00 /15:30/19:30
14日(日) 13:00 /17:00←出演はこの日のみ!
15日(月) 15:30★/19:30

※受付開始・開場は開演の30分前。

◇チケット代

2000円+1ドリンク
★平日昼割 1800円+1ドリンク

◇ご予約フォーム

https://www.quartet-online.net/ticket/manager04?m=0jjihch

◇キャスト

柴原麻里子(風ノ環~かぜのわ~)

弥音夏(あせろらきかく)

工藤沙緒梨(カプセル兵団2)

寺尾みなみ

山新

金田一しおり

原澤彩

池永里穂子(トライストーン・アクティングラボ)

星野良明(留級座)

​【日替わりゲスト】

11、12日出演⇒那須美奈子
  13日出演⇒家永惠理(アニャハイム・エレクトロニクス)
  14日出演⇒小沼枝里子
  15日出演⇒塩原奈緒

 

そ、れ、か、ら!!!!!

 

14日の公演が終わった後はこちら!!

f:id:ONUMA_Eriko:20181011150336j:plain

きつねこまたのハローワークNo.01ですよどんどんぱふぱふ!!

今回からゲストをお迎えして、ゆるーく雑談しつつ色んなお話を伺っていきます。

記念すべき第一回目のゲストは、会場であるSTARバーのオーナー・星野さん!

せっかくなんで、このバー公演のことについても色々聞きたいですな。

今回も、オリジナルカクテルや出演者手ずからご用意するフードメニューなどございます。
観劇後残るも良し、ふらっと立ち寄るのも良し、遊びに来てねー!

出演】弥生三番街ゴールデンキラーズ【情報

f:id:ONUMA_Eriko:20181011150355j:plain

10月4日に顔合わせを済ませ、一昨日から稽古を開始しておりますこちら。
「弥生三番街ゴールデンキラーズ」。
昨年10月のベイゲで妹役だった佐々木くるみちゃんのプロデュース公演です。

f:id:ONUMA_Eriko:20171030173019j:plain(ツーショットなかったから蘆屋チルドレン。くるみちゃんは右下。)

主宰のくるみちゃん含め、出演者のおよそ半分が札幌ビジュアルアーツのOB・OG。
地元・北海道でのご縁と、東京に出てきてからのご縁を重ね合わせて、何度も再演された作品を「リノベーションしたい」という思いの元、打ち立てられた企画だとか。

小沼が演じるヒロイン・マリリンはくるみちゃんも過去演じた役。
普段からすると、あまり回されないタイプの女性のような気がしています(笑)

f:id:ONUMA_Eriko:20181011150339j:plain

主演・麻生雅也役の菊地英登さん。通称きっくさん。
麻生はマリリンの恋人でもあります。
小沼の一つ年上で、きっくさんもビジュアルアーツ生。
とっても熱のある良い俳優さんです。
麻生とマリリンがどんなカップルになるのか楽しみにしててね。

 

f:id:ONUMA_Eriko:20181011150407j:plain

可愛い可愛いグラビアアイドルちゃん達。

←座組最年少の21歳。石田真子役・中島魁ちゃん。とてもしっかりしてる。
→今回初舞台!初日から健闘してますナンシー役・吉倉明里ちゃん。とっても素直。

あ、ちなみに「マリリン」「ナンシー」は源氏名ですぞ(笑)
あたしも明里ちゃんもデリヘル嬢役です。

 

f:id:ONUMA_Eriko:20181011150343j:plain

左から順にご紹介。
真田役・吉高聡さん。通称チャンプ(笑)めちゃめちゃ親しみやすいお方。

猿渡役・關根史明さん。これまたユニークなお兄様。お酒大好き。
このお二人は警察関係者の役。キーマンです。

演出の谷口健太郎さん。兄貴分という言葉が本当にぴったり。和やかで和気藹々とした稽古場は間違いなく谷口さんのおかげ。
初めての演出さんて結構怖いのですが(演出さんとの合う合わないめっちゃ大事)、顔合わせで確信しました。「ついていって大丈夫」。

 

マルグリットを演じた時にも「まさか自分が主演なんてなぁ」と思ったけど、「まさか自分がヒロインやるなんてなぁ」と今も不思議な気持ちでいます。
ご縁の妙だなぁ。

 

「私立探偵 濱マイク」のようなイメージで書かれたらしいこの作品。
なんかこう、「太陽にほえろ!」とか「はぐれ刑事純情派」みたいな匂いのする作品だなぁ、と思っています。
いや、ちゃんと見たことないんであくまでイメージでしかないんだけども←

正直、2時間でやるにしては人間関係がかなり入り組んでいて、どこまでわかりやすくお伝えできるかやや不安な部分はあるのですが。
(読んだだけじゃわからず、相関図自分で書いてようやく理解)

あたしはあたしの役目をきちんと果たそう、と思っているところです。

 

おそらくこの作品、超絶面白くなるかくそつまんなくなるかの二つに一つだと思っていて。

面白い作品を作るってことは勿論一人じゃできないんだけど、まぁやっぱり、どうせやるなら面白いのがいいなぁ、と思います。

 

どうしてお芝居をやるのか、とか。
どうして演劇じゃなきゃいけないのか、とか。

今年に入って、そんなことを良く考えます。

 

先に書いたとおり、今回出演者の半数が札幌ビジュアルアーツのOB・OG。

北海道は、大きな地震があったばかり。

きっと、あたしよりもよっぽど「今、東京で」「札幌発の」演劇をやる意味を考えているだろう、と思います。

 

実を言うと「作品をやる意味」みたいなのはあたしにとってはいつもどうでも良くて、それがたとえどんな作品であろうが、ただただその場を一緒に過ごしてくれた人たちが心動く時間になったらいいと思う。(当然だけど、自分が作品を好きなことは大前提)
勿論お客様も。

それがたとえどんな感情であっても、生まれることを否定することのない場。

笑ったり泣いたり怒ったり、素直に「感じる」ことのできる場。

何というか、一緒にそういう場を共有出来る空間だったらいいなぁ、と思います。演劇って。

ぶっちゃけ、作品が面白くなかったとしても、そこにいる人間さえ面白ければいいんじゃないかな、と最近はちょっと思ってます。
まぁ、でもそれも最終的には好みだから何とも言えんが(笑)

 

何はともあれ、初めましての人しかいない現場にしては珍しく、割と自然体でラフに居られている現場です。
ご予約も先月から始まってます。
まだまだ寂しいので是非ご予定確認して観に来てね。
ヒロインですから、やっぱり販売もがんばりたいのですよ。

 

 

​めくるめくるみ企画

『弥生三番街ゴールデンキラーズ』

f:id:ONUMA_Eriko:20181011150355j:plainf:id:ONUMA_Eriko:20181011150404j:plain
脚本:武田晋
演出:谷口健太郎(プラズマニア・株式会社チクタク)
劇場:シアターKASSAI
公演期間:2018年11月1日(木)~11月4日(日)

◆公演スケジュール◆

11/1(木)​ 19時
11/2(金)​ 13時​☆/19時
11/3(土)​ 12時半/18時★
11/4(日)​ 12時 /16時

☆…平日昼割
★…終演後イベント予定

◆チケット代◆

  前売 3500円
平日昼割 3300円
  当日 3800円

◆ご予約フォーム◆

https://www.quartet-online.net/ticket/goldenkillers201811?m=0jgbaec

◆キャスト◆

浅沼千尋

大島宏太(劇団平成商品)

小沼枝里子

菊地英登

關根史明(護送撃団方式)

塚田明日加(株式会社ブラッシュアップ・ワン)

手島陽香(東京ハイビーム)

十河大地(宝映テレビプロダクション)

中島魁(アーティストハウスピラミッド)

西島美都子

畠山舞

松浦康太(シタチノ)

三好拓朗

吉倉明里(ゼロイチファミリア)

吉高聡(俳協)

ZiZi(平熱43度)

   (五十音順・敬称略)

きつねこまたのハローワーク~変態のススメ~

f:id:ONUMA_Eriko:20180923140925j:image

イベント第0回が無事終了。
思った以上に皆さん楽しんでくださって、とっても嬉しかった!
し、あたしも大変楽しかったです。
まずは、ななびさん沙緒梨しゃんおつかれさま!

 

f:id:ONUMA_Eriko:20180923140838j:plain

大変豪華なカウンター内。
ベイゲファンにはたまらんでしょうふふーん(何)
オーナー星野さん、「月輝夜」終演の流れでお手伝いしてくれたえーりんちゃん、(写ってないけど)福丸くん、本当にありがとうございました!

 

🦊「とりあえず、喋っててもワケわかんないと思うんで」

ということで、まずは

ヒーリング実演。
f:id:ONUMA_Eriko:20180923140917j:image

胸に手を当ててる様子が大変愛らしい星野さんw
これは、施術前の息の吸いやすさを確認してもらってるところ。


f:id:ONUMA_Eriko:20180923140850j:image

肩、背中の症状でお悩みのえーりんちゃん。
身体の柔軟性を、ななびさんの誘導のもとセルフチェックしてもらったのちヒーリングスタート。


f:id:ONUMA_Eriko:20180923140907j:image

観劇後、奥さんのちよこちゃんと一緒に残ってイベントを楽しんでくれた龍くん。

🦊「あ、リゾット食べてて大丈夫なんで」

ってななびさんが言ってたので素直にもぐもぐ(笑)
ななびさんの施術は相手に触れる必要が無いので、ヒーリング中自由にしてていいのも魅力のひとつ。

 

f:id:ONUMA_Eriko:20180923174226j:image

フード類は、「月輝夜」に出演中の佐々木恭平さんことささきょーさん作♡
終演後のお疲れのところ、結構遅くまで残って下さって(´;ω;`)
リゾットとアヒージョ、大人気で、お客様もお喜びでした!
本当にありがとうございます。
小沼はカプレーゼ食べたよ!

 

難病、留学先でのホームレス体験、アル中、ダイヤモンド鑑定士になったいきさつ、それからヒーラーに転身したきっかけ。
ななびさんの施す「ヒーリング」というものがそもそもどういう定義なのか、言葉や意識が身体に与える影響、などなど、およそ2時間たーっぷりお喋りして頂きました。

ななびさんとは知り合って半年ほど経ちますが、こうして一緒にイベントをやらせて頂くことになろうとは思いもよらず、ご縁とは本当に不思議なものだなぁ、と感じます。

来月からゲストをお迎えし、まずは月一で続けていく所存。

またきつねとねことねこまたに会いにいらしてくださいまし。

記念すべき変態No.1はどんな方なのか、どうぞお楽しみに(笑)
また詳細は決まり次第お知らせ致します!

 

小沼紹介割引が使える役者向けヒーリングメニューはこちら↓

ななびさんの9月のスケジュールやらセッションメニューやら講座やらはこちら↓

 

そして、STARバーのプロデュース公演「Manager03」は明日まで!
かーなーりおススメなので、お時間ある方是非観に行ってねー!
飛び込みの方「工藤沙緒梨扱いで」と受付で仰ってください♡

f:id:ONUMA_Eriko:20180923190734j:plain

魂のレベル。

美紅ちゃんと交換セッションしてきました( ΦωΦ)

f:id:ONUMA_Eriko:20180918143326j:image

そもそも、四柱推命の話とかを初めて二人でお茶した時にしてて

結構、そういう話を抵抗なくしてくれるタイプの人だなぁ、と思っていたのですが。
何か、実は美紅ちゃん自身はそういう話をするのにかなり神経使ってたらしいということが8月のこの記事でわかり(笑)

 

でも、タロットとかダウジングとか始めたみたいだから、

ameblo.jp

 

(小ΦωΦ)「交換セッションしよ!」

ってことで、学生シアスポの小屋入り前だというのに会ってきたよ!!←
ちなみに、小沼は美紅ちゃんのツインソウルなんだってー!わーい!(笑)


小沼は勿論ルーンとオラクルカード各種を持って行ったよ。
最近、Twitterでの新月満月のリーディングサボりがちなのは、実はちょっと楽しくなくなってきちゃってるからなのですが、やっぱり対面鑑定は面白いなぁと思うんですよねぇ。
まぁ、その話は置いといて。

普通に質問をする前に、美紅ちゃんが

🐰「最近“魂レベル”っていうのを視れるようになったの」

と言うので、「何それ面白そう!!」ということでまず視てもらったよ。

美紅ちゃんから聞いたことをざっくり説明します。

 

一般的に「タロットカード」と言われてイメージされる「愚者」だとか「死神」だとかの絵柄が描かれたカードのことを、「大アルカナ」と呼びます。
大アルカナは全部で22種類。
(ちなみに「小アルカナ」と呼ばれる56枚のカードはトランプの元になったと言われるよ)

それぞれのカードには0~21の番号が振られていて、ラストである21のカードは「世界」と呼ばれるカード。

f:id:ONUMA_Eriko:20180918160500j:plain

「魂レベル」を調べる時、この「世界」のカードを、所謂すべての魂が分かれた「源」に見立てるのだそうです。
あれです。シャーマンキング」で言ったら「グレートスピリッツ」です。
シャーマンキング」を知らない方は是非読みましょう。小沼のバイブルです。熱く語れるマンキン仲間は随時募集中←

 

話が逸れた。

 

で、0~20番までのタロットカードをLv.○○みたいに見立てて、「自分がどの課題にチャレンジするために今世を生きているのか」っていうのを視てもらう感じ。
色んなとこで色んな人が話したり書いたりしてるので、何となく聞いたことがある人もいると思うのですが、それぞれの魂にはそれぞれの「課題」が与えられています。
生まれ変わりを繰り返して、21個すべての課題をクリアしたら「源」に還るんだって。

で、小沼はどこだったかと言うと。

f:id:ONUMA_Eriko:20180918161507j:plain

「17 星」。

テーマは「無償の愛を与えること、受け取ること」だそうです。
ちなみに美紅ちゃんも一緒なんだってさ。

最初に「気になるカードある?」って聞かれて、小沼はその1つ前「16 塔」のカードを指したんだけど、それはおそらく

🐰「最近クリアしたんだろうね」

ってことらしい。
その「最近」がどのくらいのスパンなのかは不明だけど(笑)
(宇宙的に見たらおそらく1つ前の過去生とかでも「最近」に入る気がする)

ちなみに近しい人として、奏子ちゃんと沙緒梨しゃんも調べてもらったけどそれぞれ納得でした(笑)

 

で、その後は普通にタロットリーディングをしてもらったのだけど、悩んだ結果

「パートナーは必要?」

という質問をしてみました。

結果はこちら↓
f:id:ONUMA_Eriko:20180918143320j:image

左から、過去・現在・未来。

自分ではどうしようもない状況の恋愛に縛られ辛い思いをしたようだけど(吊るされた男・逆位置)、それは自分を知るために必要な経験だった模様(隠者・正位置)。

まずこれで爆笑したwwwww仰るとおりww

🐰「現在のアドバイスで“魔術師”が出てるから、自分にとってのパートナーとかパートナーシップがどういうものなのか、っていうのを創造していくのが良さそう」

と、言われました。なるほど( ΦωΦ)

🐰「ツインレイを示す太陽のカードが逆位置で出てるから、実際パートナーが出来るまでに時間はかかりそうだけど、そこまでの道のりを楽しんでいくのがいいんじゃないかなぁ」

で、「まだ習いたてで精度の保証がないから話半分くらいで聞いてほしいんだけど」と、ダウジングで「ツインレイ」(所謂「魂の伴侶」ってやつ)の事を聞いてもらったよ。
結果、

①既に知り合ってはいる
②男性
③年上
④小沼がメイクしたことない人(笑)

という情報を入手(笑)
個人名出して「この人がそう?」って聞く事も出来るよ、と言われたけどわかっちゃったらつまんないのでやめました(笑ΦωΦ)

すべてが同じ源だとするなら、この世の人すべて「ツインレイ」と呼べるよな、とも思うのだけど、「ツインレイ」とか「ツインソウル」って分類というのは、小沼的には「ご縁の濃度」みたいなもんかなぁ、と解釈してます。今んとこ。

ひとつの大きな魂から千切れた時の大きさが自分とまったく同じ人が「ツインレイ」で、その大きさが小さくなってくにつれて「ツインフレイム」「ツインソウル」って呼ぶのかなー、みたいな。
「袖すり合うも他生の縁」とは良く言ったもので、小さいつぶつぶは本当にいっぱいいるんだろうなぁ。

ダウジングは小学生くらいの頃に本を読んで真似事をしてみたことがあったんだけど、色んな使い方があるんだなぁ、って新鮮な気持ちで受けることが出来ました。
人にしてもらったのは初めてだったから、これはこれで興味出てきちゃった(笑)
久々に仲良しの石屋さん行こうかなぁ。

リーディングって、タロットにしろオラクルカードにしろ占術者のセンスがものすごーーーーく問われるのですが、同業者としても、一顧客としても美紅ちゃんのリーディングとってもオススメです。
大人気になって受けにくくなっちゃう前に頼むとよろし。
かく言う小沼もまた交換セッションしたい←

いつもありがとーーーう♡

 

そんな美紅ちゃんが率いるプラフォ、11月に本公演を控えているよ。是非。

ameblo.jp