えがおで りんと このばしょで

表現者であり女・小沼枝里子のあれやこれ。

世界の優しさを受け取る。

インプロカンパニーPlatform主催「ACTIMELEE SAGA」、あっという間の三日間を終えました。

f:id:ONUMA_Eriko:20190206160834j:plain(この写真、らいふさん、しぶしぶさん、羽田さんは合成なんだけどぱっと見わかんないよね。美紅ちゃんすげぇ)

稽古4日+本番3日。
小沼は一回稽古を休んでしまったので、実質たったの6日間。

f:id:ONUMA_Eriko:20190206160457j:plain

f:id:ONUMA_Eriko:20190206160424j:plain
でも、6日間とは思えないほどに、心地よく距離の近い座組となりました。
楽屋に炬燵があったのもよかったねー(笑)
量産してったおかきはあっという間にみんなの胃袋に消えていきました(笑)

 

えこちゃんからオファーがきたのは、ゴルキラが終わって数日後のこと。
美紅ちゃんと知り合った時に、いずれは自分もインプロをやることになるのでは、と思っていたのだけど、いざオファーがきてみるともう怖くて怖くて(笑)

ビビッてビビッて返答を延ばした結果、足を突っ込んでみることにしました。
明確な理由は特にありませんでした。
ただ、彼女らが誘ってくれるのならやってみてもいいか、と思ったし、やっぱり初めてのインプロならば、心から信頼出来る友人がいる現場で、と思っていたこともあり。

結果として、本当に参加してよかった。

それは、Twitterでも何度も言ってますが。

打ち上げで雅さんともお話したのですが、「台本」があるってなんて守られた環境なんだろう、と(笑)
決められた台詞、決められた動き、それがあることの安心感たるや。

 

ただでさえオリジナル作品が氾濫している小劇場界。
「面白いかどうか」がいっそ博打でもある世界の中で、「俳優の生き様」のみが板の上に乗る「インプロ」という世界。
「不確定要素が多すぎて、そこに対して3500円も出せない(ドリンク込みとはいえ)」というご意見も伺いました。

うん。わかる。わかるよ。

だけど、「丸腰で舞台に臨むこと」がどれだけの勇気が必要なことなのか、知ってほしい。

さっきも言った通り、台本芝居における脚本や役、演出はもう本当に「武器」「装備」なんですよ。
インプロはわかりやすい武器も装備もありません。
強いて言うなら、「プレイヤー本人」の経験値、価値観、生き様がそのまま「武器」「装備」になるという本当に恐ろしい世界です(笑)

もうね、本当に感謝してるよ。
それに、やっぱり初めてのインプロを教わるのが美紅ちゃんからで本当によかった。

小沼は全4回中3回決勝ラウンドまで残りました。
結構健闘した方じゃないかな?(笑)
初日は、同率1位のうちの3人に残ることもできました!
勝者決定戦の「スナイパー」で負けちゃったけど!

f:id:ONUMA_Eriko:20190206160324j:plain
これは唯一予選敗退した回に撮った写真(笑)
負けたら当然悔しいんだけど、でも本当に楽しかった!
勝ち負けはただのパフォーマンスで、個人の価値には何の関係もないんだって体感できるのもまたインプロの素晴らしいところ。

f:id:ONUMA_Eriko:20190206160340j:plain

あたしは、インプロを「世界の優しさを受け取るパフォーマンス」だと設定しました。
きっと、ほかのプレイヤーにとってはまた違うものなんだと思うけれど。

f:id:ONUMA_Eriko:20190206160353j:plain

でも多分、参加したみんなが根っこで感じているものは、とても近いんじゃないか、とも思っています。
そうでなきゃ、あんなに居心地のいい座組にはなってないと思うし。
お世辞とか上っ面でなく、みんながみんなを讃えあえる現場って本当に少ないんだけど、アクサガは本当にそんな現場でした。

そんなアクサガ、2の開催が決定しかけているとのこと!楽しみだね!
もしまた次参加するときは、喜んで「名優メーカー」の煽り文句を使わせていただきます(笑)

それにしても、今回は本当に二人芝居の即興シーンをやらせてもらうことが多かったので、少人数芝居やりたい欲がむくむくしてます。
今年はそういう機会もあったらいーなー。

 

何はともあれ、ご来場いただきましたお客様と関わってくださったすべての方に心より感謝を。
小沼が次に舞台に現れるのは今んとこ7月末の予定。
間にワンマンライブやる心づもりもありますが、更新情報チェックしといていただけると有難し。

やっぱりまだまだ、表現の世界からは抜け出せなさそうです(笑)

遅ればせながらもいいところだけれど。

あけましておめでとうございます

そして

エビスSTARバープロデュース公演へのご来場誠にありがとうございました←

f:id:ONUMA_Eriko:20190120191631j:image
「雪舞夜、尊慈愛、嗜美酒」

 

f:id:ONUMA_Eriko:20190120191640j:plain
「年終夜、忘苦労、嗜美酒」

 

f:id:ONUMA_Eriko:20190120191613j:plain
週一店長大集合♡(左から月~金!)

 

気づけば、間もなく初日から一か月。早いわー。
12月入ってからは、稽古と本番でみっちみちの濃厚な一か月でした。

初めてのクリスマスから大晦日までの公演、初めての二本立て、初めての一日3ステ。
昨年は本当に主演やらヒロインやらでお声がけいただくことの多いレアな年でしたが、その締めくくりがこの作品で本当に幸せでした。

バータイムもルーンリーディングも生歌も、お客様は勿論、出演者にも好評でとてもとても嬉しかった。
決して楽ではなかったのですが、作った料理を喜んで召し上がっていただくのは本当に幸せでしたし、作品のおかげでルーンに興味を持ってくださった方が大勢いらっしゃったことも、本当に嬉しくて。
ギターとピアノの生演奏なんて贅沢は、最高のクリスマスプレゼントでした(笑)
狭河清歌という役を生み出してくれた信也さんと、その機会をくださったオーナーの星野さんには感謝の言葉が見つかりません。

f:id:ONUMA_Eriko:20190120191650j:plain

f:id:ONUMA_Eriko:20190120191602j:plain

やっぱりあのくらいの近さがあたしは好みだなぁ(笑)
その分ごまかしはききませんし、リアルさと芝居の丁度よいバランスもまた難しいのですが。
今年もSTARバーでお芝居する機会があったらいいなぁ。

とりあえず、せっかくいただいた役と機会、「月曜日の週一店長」本当にやろうかな、と画策中。
きちんと決まったらまたお知らせしますので、その時は是非遊びにきてください。

 

それからそれから。

f:id:ONUMA_Eriko:20190120210212j:plain
ユニット「雪月花」のソングライブもありがとうございました♡
今回は「雪」をテーマにお届けしました。

 

f:id:ONUMA_Eriko:20190120210220j:plainらいふさん手ずから作成したオラフのお面wwどシュールwww
美紅ちゃんのソロパートでがんばったフランダーよりもオラフの方が好評だったのが、本人的にはやや不服の様子でした(笑)

「ただただ楽しく歌うだけ」の小沼って、実はかなりレアです。
別に、普段のライブの時もすんごい気張ってるわけじゃないのだけど。
なんていうか、「雪月花」では、本当にゆるーく楽しむことだけを重視しているというか。
でもやっぱり、自分のソロ曲になると普段の様相が出てきますけどね(笑)

次回は8月ごろに「花」をテーマにお届けする予定。
こちらもまた是非いらしてくださいね。

 

次の小沼はこちら。

f:id:ONUMA_Eriko:20190120205316j:plain

役者人生初のインプロをします。
明日顔合わせ&稽古初日なんです。怖いです←

プラフォさんや、プラフォの立ち上げメンバーで構成された「ホロウズ」というグループの観劇をしたことがあるものの、まだまだインプロの魅力がそんなにわかってないあたし。
現状、ちゃんとあたしの言葉で皆様にお伝えできることが無くて申し訳ないのですが、小沼の新たな挑戦を応援しにきてくださったら幸い。

 

インプロカンパニーPlatform主催「ACTIMELLE SAGA」

2019年2月1日(金)~4日(月)@ステージカフェ下北沢亭

その日一番おもしろい表現者を決めるインプロ(即興芝居)ショー!
くじ引きで共演者を決め、その日限りの即興シーンを展開。
一位を手にするのは一体誰だ!?

◇チケット
3500円(1drink代込)

◇ご予約
https://www.quartet-online.net/ticket/nmj9qpj

◇タイムテーブル

​※開場は開演の30分前です。

□俳優チーム
2月1日(金)20:00
2月2日(土)16:00
2月3日(日)13:00/19:00

出演者:
櫻井美賛子、江森一樹、小林真人
雨宮ひとみ、池田一開、小沼枝里子、渋谷悠、須藤飛鳥、日向大祐、雅憐

MC 早さきえこ
ディレクター 住吉美紅、戸草内淳基

​他チームのタイムテーブルはこちらからどうぞ。

f:id:ONUMA_Eriko:20190120205341j:plain

 

道読み・小沼枝里子です。

ふと、そういえば「占い師」としての自分の話ってあんまりしたことないな。って思ったので。

↑これの募集もしてる時期なことだし、ここらでちょろっとそんな話をしてみようかな、なんて思います。

 

あたしの両親は所謂「活字中毒」で、幼少期から様々なジャンルの本に触れてきました。
(中一の時に家を建て替えたんだけど、その時に図書室作ったくらいには筋金入りの本好き)
この「様々なジャンル」ってのが本当に「様々」でですね(笑)

こういう本に囲まれて育ちました。
なんかもう、ガチですよね。

両親ともに、割とこういうジャンルに興味がある方でしたが、母の方が特に、でしたね。なので、小沼枝里子の根っこ部分は母の影響を多分に受けています。
二人とも音楽も好きだったこともあって、CDもかなりの数があるのですが、雅楽やヒーリング音楽、ケルトなどの民族音楽や、そういう香りのする曲が身近だったことも大きく影響しました。
漫画や小説も、ファンタジー色強めのものや、古今東西の「神様」や「精霊」などの「目に見えないもの」「何某かの大きな力」をモチーフにした作品が家には多く、「魔法」や「呪術」といったものに興味関心を持つようになったのは自然な流れだったなぁ、と思います。
「妖精の育て方」とか「魔女図鑑」とか嬉々として読んでたもんなー(笑)

とにかく、「特別な力を持つ人間」というのに強い憧憬があったので、今でこそ「いいもんでは決してないな」と思っているのですが、「霊が視える」ということにもとてつもない憧れを持っていた時期がありました(笑)
「視えるフリ」「感じるフリ」をする、というイタい時期を過ごしたこともあります←
10代の初めくらいまでは、割と本気で「いつかそういう特別な力が使えるようになるのでは」と思ってた節も。
世代ど真ん中の「セーラームーン」とか正にそういう話でしたしね。

小学生の頃はとにかく「おまじない」にハマりました。
「消しゴムに好きな人の名前を書いて誰にも貸さずに使い切る」とか、多分同世代の方なら一回はやったことあるんじゃないかな(笑)
そういうのの全盛期でもあった頃なので、興味関心を加速させるに足る環境だったんだな、と思います。

「トランプ占い」や「ペンデュラム占い」の易しい本もあったので、そういうのをお小遣いで買って読み漁り、自分で試したりもしました。
「タロット」も勿論通った道(笑)

それから20代になって、「ザ・シークレット」が流行り出した頃、とあるスピリチュアルサロンと出会い、そこでコーチングとチャネリングの講座を受講することにしました。

そういう下地があって、出会ったのが「ルーン」でした。

f:id:ONUMA_Eriko:20181011150435j:plain
ルーン文字との出会いは、2011年の2月頃だったように思います。
そのサロンのオーナーでもあり、チャネリングのお師匠さんだった方(姉さんと呼んでおりました)がイベントに参加する、というのでそこに遊びに行ったんですね。
で、その姉さんのブースの隣にいらっしゃったのが山下易夏さんでした。
(余談ですが、Twitterのプロフにある「太陽と月の仮面の守り 古の言葉の紡ぎ手」というのは、このサロンでもらったチャネラーとしての二つ名です)

ジュエリデザイナー、そして彫金家でもある易夏さん。
ハンドメイドの素敵なジュエリーやアクセサリーと並んで販売されていた、手彫りのルーンストーンたち。
お試しでワンオラクルリーディングをしてもらった結果、「古代文字」みたいなものに非常にときめきを覚える小沼の性質に見事にクリーンヒット

ルーンストーン自体をお迎えしたのは、確かその年の5月くらいだったかなぁ。もう明確には覚えてないんですけど。
その後すぐに姉さんのサロンで新しく「ルーン講座」が始まって、そのままの勢いで受講。(あ、ちなみにこの時に、ルーンを言霊のエネルギーとして扱えるって能力を伝授してもらってるんですよ。いっつも忘れるがゆえに活用していないが←)
易夏さんの本も買いつつ、一気にのめり込みました。

デッキとも相性がある、ということに気付いたのは割と後になってからで、「ルーンとは本当に相性が良かったんだなぁ」というのは、今もしみじみ思う事。
タロットは興味があるもののまったく覚えられないし。
そもそも熱しやすく冷めやすい小沼が、7年以上続けていること自体びっくりな事実(笑)

ブランクもありつつではありましたが、今では本当に頼れる相棒です。

f:id:ONUMA_Eriko:20171113220953j:plain

とは言え、「仕事」としてしっかりと活動を始めたのはここ3,4年くらいの話。
最初の頃は「日本の神様カード」との組み合わせオンリーでしたが、今ではデッキの数もかなり増えました。

f:id:ONUMA_Eriko:20181011150318j:plain

自分で購入したり、人から譲ってもらったり。
カードとの出会いも縁だなぁ、と思います。

小沼がメール鑑定を通常メニューに加えていないのは、いらしてくださった方との「セッション」がとても楽しいから。
これは、本当に音楽的なイメージの「セッション」です(笑)
メールを送って終わり、の一方通行になるのではなく、相対してたくさん関係のないことも話して、その中で「貴方が知らなかったあなた」「貴方が忘れてしまったあなた」「貴方が見ないふりをしているあなた」などなど、とにかくたくさんの「あなた」に出会ってほしいから。
そして「自分」という存在が更なる「自分」に出会うためには、「他者」の存在が必要不可欠なんです。

寒さの厳しい土地で生まれた「ルーン」という文字たちは、「ささやき」というその意味の割にあまり甘さはありません(笑)
勿論、読み手の解釈による部分も大きいのですが、明確な目的を持って質問すれば、それに対してとても的確なアドバイスをくれます。

でもね、この「解釈」がまた、メールと対面じゃ全然違ってくるんですよ。
タロットと同じように、それぞれの文字が示す基本の意味はあります。
けれど、時にはそのとおりに読まないこともあって、それはやっぱり直接お会いすることによって生まれる「その時だけの空気」みたいなものの影響がとても大きいんです。
文字だけじゃ伝わらないことがある、っていうのはおそらく誰にでも理解して頂けますよね。
もちろん、文章で伝えることの良さもあるのだけれど。

小沼は一応「チャネリング」を扱いますが、所謂「霊感・霊視」みたいなのとはまったく別で、あくまで「精度を上げるために高次のご存在のエネルギーを借りる」というイメージでいます。
これに関しては信じる信じないはお任せしますし、ぶっちゃけあたし自身もどっちでもいい、と思ってます。

便宜上わかりやすいから「占い師」と自己紹介することもあるけど、肩書きとして「道読み」と名乗っているのは「占い」という言葉の持つ良くわからないネガティブなイメージを切り離したかったから。
実際、あたしが行うリーディングは良い意味で「占いっぽくない」というご感想を頂くこともあります。



極論、占いなんて無くても生きていけるし頼らないで済むならその方がいいんだろう、とも思う。
ふわふわした綺麗事だけのスピリチュアルなんかクソくらえと思ってるし、生きていることそのものが実は一番「スピリチュアル」なことだと思ってるから。

 

だけど。

 

一人で思い悩んでどうにもならない時。

近しい人だからこそ話せないことがある時。

「自分」のことを知りたいと思えた時。

 

必要だ、と思えたなら「ともしび屋」へおいでください。

「目に見えない力や流れ」みたいなものへ身を委ねてみるのも、たまにはいいもんですよ(笑)

なんかこう、「×××HoLiC」の「ミセ」みたいな存在になれたらいいなぁ、とか思ってます。あ、あれよりはライトだけど。
目指せ侑子さん(ぇ

 

各メニューのお申し込み・お支払はBASEショップから可能です。

いきなりガチのリーディングはちょっとハードル高いな、って方は24日からのバー公演にお越しください♡(笑)
今回も演じる狭河清歌も、小沼と同じルーンリーダーです。
そんなわけで、9月に引き続き、終演後に500円でワンオラクルリーディングやります。破格!
チケット予約はここから↓
https://www.quartet-online.net/ticket/manager05?m=0kbcghg

出来れば観に来て欲しいけれど、難しい方はソワレ終演後のバータイムからでも遊びにきてください^^

でもね、ちょっと無理できるなら観に来た方がいいよ!!!!!

いや、マジで(笑)
まだまだお席もご用意出来ますので、この機会にゆっくりお話ししましょ。
キャスト一同、結構バータイム楽しみにしてるんで。

その時にでも、小沼がやっている「リーディング」についてわからないことがあればお気軽にお尋ねください。
興味あるけど二の足踏んでる方、いらっしゃるでしょ?(笑)
ざっくばらんにお話出来たらな、って思ってます。

上半期リーディングの締切も間もなく。

せっかくの機会ですから、逃さないでくださいね♡

2018年を振り返る。③


ラスト。

 

◇9月◇
5日 中山ヤスカ嬢コーディネート企画
6日 「プリズムソング」レコーディング
8日 田村夫妻ウェディングフォト撮影
9日 全東 しらこばと水上公園水着撮影会
15日 中山ヤスカ×めとめとひらくコラボ撮影会
17日 田村夫妻ウェディングフォト撮影
22日 きつねこまたのハローワークNo.0
26日 夜は短し歌えよ乙女vol.44
29日 田村夫妻結婚パーティー

9月、特濃すぎたな(笑)

ヤスカ嬢とのコラボ企画と、田村夫妻の結婚パーティー&WDフォト撮影が二大案件だったかな、という感じですね。
でも、ようやっと実現した「プリズムソング」のレコーディングも超楽しかったし、きつねこまたもいいスタートダッシュが切れたと思うし、「祈り」を本お披露目できたライブも最高だったし、ああなんかもう幸せか!!(笑)

このページにも書いてくださっているとおり、うちのWSとヤスカ嬢の企画のお値段が同じ、というきっかけから実現したコラボ。
企画の一年の締めにあたし達を選んでくださったこと、本当に本当に嬉しかったです。
最高に楽しかったし!!
撮影会とWSを並行して行う、なかなかのハードスケジュールでしたが、ご本人にもカメラマンさんたちにも楽しんでいただけて一安心。
こちらこそ、また是非ご一緒させてください!

 

2月から動き出した、田村夫妻の結婚パーティープロデュース。
めとめとひらくでさせていただいた詳しい仕事内容はHPをご覧いただきたいのですが。

写真撮影のWSですら、ユニットを結成した当初は想像していなかったのに、まさか結婚パーティーのプロデュースを請け負うまでになるとは。
色々イレギュラーもたくさんありましたし、方々にご迷惑をおかけしたと思います。
パーティー終了後、厳しい批判のご意見があったことも存じております。
それでも、ただただご夫妻が楽しんでくれたことが最高の報酬でした。
あたたかい気持ちでご協力くださった方々のおかげで実現できた仕事でした。
プロではないからこそできること。
プロではないからこそ思いつけること。
めとめとひらくは、これからも「女の子のための何でも屋」として活動を続けていきます。
メンバーである二人には本当に感謝。いつもありがとうね。

 

STARバーで開催したイベント「きつねこまたのハローワーク」の記事はこちら↓

ななびさんとの出会いは今年の新しい出会いの中でも上位に食い込むなぁ、と思います。
「スピリチュアル」という、ふわふわと言葉や定義が独り歩きをしているものが、ぐんと現実的なものになったというか。
こればっかりは、本当にななびさんに実際会ってもらって、ヒーリングを体感してもらうのが手っ取り早いと思うので、ご興味ある方は今のうちに是非。
いつまで日本で活動してくれるかわからん。マジで。

f:id:ONUMA_Eriko:20180923140925j:plain
ちなみに今んとこ、喋ってた中で一番の小沼的パワーワード
小沼「式神ってなんですか」
ななび「天然のAI
※ななびさん、陰陽師でもある。(あ、違ったらごめんなさい。でも式神使役できるのはほんと)

 

◇10月◇
1日~3日 岡島沙緒梨劇場2018秋分
4日 めくるめくるみ企画「弥生三番街ゴールデンキラーズ」顔合わせ
14日 きつねこまたのハローワークNo.1
17日 池下真紀ちゃんエロかわ写真撮影WS

怒涛の9月を過ごす中でねじ込んだリハ(笑)
すっかりイベントとしてはお馴染みになった岡島沙緒梨劇場、この回ではユニット「AreA」として参戦。
彩佳ちゃんと諒子ちゃんワールド全開な中で、とても自由に歌わせてもらいました。
本当に、このユニットでのパフォーマンスの機会、また巡ってくると思ってるんだ。
それは、あたしがやりたいことに近いからでもあるし、彼女らがあれで済むはずないだろう、とも思っているからです(笑)
以前からずっと「大宮の氷川神社で奉納歌唱させていただきたい」と思っているんだけど、この三人で出来たら最高だなぁとかうっすら思っていたりも(笑)
でも、限定せずにぼんやりと楽しみにしておくことにします。
ほんと、広島にもお伺いできたらいいね。

 

岡島沙緒梨劇場が終わって翌日はゴルキラの顔合わせ!
この日はブロマイドとパンフのビジュアル撮影もありましたな。
10月後半は、ほとんどがゴルキラの稽古で、とにかくまぁ濃い半月だったな、と思います。
なんというか、ロミジュリとか椿姫の時とはまた違った濃さ。
でも、どんどん居心地の良くなる座組で、あたしがあんなに飲みに行くのは本当に珍しかったのですよ(笑)
稽古しつつ、オフ日はManager.04にゲスト出演させていただいたり、その日にきつねこまたのハローワークNo.01やったり。
あっ、No.01でゲスト出演してくれた、STARバーオーナー・星野さんのメンタルヒーリング実践動画はこちらです(笑)
ズッキーニを食わず嫌いしていた星野さんが、ななびさんのヒーリングを受けると……?

www.youtube.com

 

WSの開催は10月も一回のみ。
小沼&工藤と共演したことのある池下真紀嬢が来てくれました♡
今お土産フォトブック作成中なのですよ。
お待たせしててごめんねええええ

あと、10月は初ストリップ鑑賞したり(音楽家・靜ちゃんとのコラボ最高だったのよ)、りんちゃんの結婚パーティーで歌わせてもらったり。
なんだかんだプライベートも濃かったです。
久しぶりに「ちゃんと」パートナーが出来たのもこの月です、とこっそり報告しておく(笑)

 

◇11月◇
1日~4日 めくるめくるみ企画「弥生三番街ゴールデンキラーズ」

で、今月は頭のこれですね(笑)

f:id:ONUMA_Eriko:20181109150459j:plain

出会えて良かったな、と心底感じられるご縁がたくさんあった現場でした。
誰かにとっては失礼な発信もした自覚はあるけれど、後悔していません。
作品における役割はきっちり果たしたと思っているから。
またご一緒したい、と思える人がたくさんいるのは幸せなことです。
いまだにグループラインが飲みの連絡でちょいちょい稼働しております(笑)

あとは引っ越しもプライベートでは大きなイベントでした。
早一週間が経ち、大変快適な生活を送っております。同居人にマジで感謝。

 

てな感じで、ざくざくざくーっと振り返ってみましたが。
ぎゅぎゅっと濃い一年だったなぁ。
それに、今年はここ数年の中でめっちゃ舞台立ってる。有難い話だ。

さすがに大晦日まで舞台に立つのは初なので、これもまた楽しみ(笑)
主演で芸納め出来るなんて最高に幸せすぎるので、是非是非同じ時間を過ごしてやってください。

色んなご縁に支えられて、たくさんのあたたかなものに包んでもらって、守ってもらって、今年も小沼は生きてこられました。
本当に、ありがとうございます。
2018年もあとわずか。
一人でも多くの方にお会いできますよう。

2018年を振り返る。②


続きます。

 

◇5月◇
6日 技芸祭顔合わせ&ななび・めぐり夫妻と初対面
10日 HANANINGEN発芽!&クリム=カルム「椿姫=原罪」顔合わせ
13日 ライブ
16日 村井みゆきさんエロかわ写真撮影WS
26日 瀬戸神社あじさい技芸祭
30日 いわみりかこちゃんエロかわ写真撮影WS

5月濃いなあああああ(笑)

でも、なんといってもまずは技芸祭。

f:id:ONUMA_Eriko:20180528142841j:plain
昨年に引き続き一緒に奉納してくださった、柚楽弥衣さん、大木寛子ちゃん、北村真帆ちゃん。
そして、新たなご縁を結んでくださった小松原諒子ちゃん、神馬彩ちゃん、岡佐和香さん。
諒子ちゃんのオリジナルソング「ムスヒ」と、弥衣さんのカールヴァーンと、彩ちゃんの優しい振り付け、真帆ちゃんの躍動感、佐和香さんの女神感。
そして、何よりも贅沢だったのは、新しい命を宿して一緒に奉納してくれた寛子ちゃんの存在。

4月末に、全体で顔合わせをするより前に、寛子ちゃんと諒子ちゃんと三人で会う時間を取っていました。
寛子ちゃんからおめでたの話を聞いたのはその時。
奇しくも、技芸祭開催日である5月26日が安定日に入る日、ということでした。
寛子ちゃんには「身体のことを考えて今回は遠慮してもらった方がいい、みたいなことをおぬまんに言われるかなってかなりどきどきしてた」って言われたんだけど、ていうか普通に考えたらそうした方がよかったかもしれないんだけど

小沼(も諒子ちゃんも)テンション爆上がり←

「新しい命と一緒に奉納出来るとか祝福以外のなにものでもない!!!」とうっきうきでした。えぇ。
もちろん、無理はしないでほしい、自身の心身と、赤ちゃんのことを最優先に、とはお伝えしたのだけど。
でも、そこの裁量は寛子ちゃん自身を信じよう、と思いました。
一緒にあの場にいてくれて、本当にありがとう。

10月15日、男の子が無事にこの世に到着したそうです。
本当におめでとう。来年はその子も一緒にカールヴァーンできたらいいなぁ。
あ。泣きそう←

 

トークイベント「きつねこまたのハローワーク」をご一緒してくださっているななびさんと、奥様のめぐりさんが主催していた「裏スピサミット」に参加したのもこの月。
そう考えるとまだ全然付き合い浅いなぁ、とか(笑)

美紅ちゃんが紹介してくれた「HANANINGEN」も、とっても楽しい経験でした。

この日の夜、「椿姫=原罪」の顔合わせだったので大変に濃い一日だったな、と(笑)

5月もWSは二回開催。
三人体制になってから、本当にいいペースでお申し込みがあり、メンバー一同嬉しい悲鳴をあげておりました。
来年はどんな女の子たちに出会えるかな。

 

◇6月◇
3日 スペシャルズ2ndイベント
16~17日 OJO企画vol.4受付スタッフ
25~28日 クリム=カルム「椿姫=原罪」
30日 誕生日パーティー

片山さん率いるダンスユニットスペシャルズに初参戦した6月。
諒子ちゃんの伴奏とハモリで、一曲だけ歌わせてもらいました。
めちゃめちゃ天気よくて、暑かったけど楽しかったなぁ♡

昨年に引き続き、受付として参戦したOJO企画。
今年も最っ高に楽しかったです!
奈美ちゃんの人柄に集まったメンバーは、本当にあったかくて楽しくて最高にクレイジーな人たちばかり(笑)
早くも来年のご予約もスタートしております。小沼もまた受付におりますぞ♡

twitter.com

 

そして、小沼の初主演作品となった「椿姫=原罪」。

すっげー苦しかったです(笑)
楽しいのと、嬉しいのと、苦しいのと、辛いのと。
でも、ひっくるめて幸せな時間でした。
自分の中から役を送り出すことにあんなに苦労したのも初めてで、それはマルグリットに本当に申し訳なかったんだけど。
だけど本当に、叶うならもう少し年を重ねてしまう前にもう一度だけ演じたい。

f:id:ONUMA_Eriko:20180702182332j:plain

f:id:ONUMA_Eriko:20180702182321j:plain
あっ!そういえば、写真集「嘘つきとひとりぼっちのうた」が完成したのもこの月でした!
おかげさまで初回限定生産分は完売してます。ありがとうございました。

で、30日は昨年に引き続き奏子ちゃんが小沼の誕生日パーティーを開いてくれまして。
「まさか!?」って方が来てくださったりもして、今年も本当にうれしくて楽しくて幸せな時間を過ごすことができました。
公演中も、主演祝いと誕生日祝いを兼ねてたくさんの方からお祝いを頂戴しまして。
今年も、とても幸せな誕生月を過ごすことができました。

 

◇7月◇
22日 雪月花ファーストライブ
23日 北村真帆ちゃんエロかわ写真撮影WS

7月は表現活動自体は比較的少なめでしたが、たくさん人に会った月。
お茶したり、お買い物したりの約束が多かったです♡

そんな中、22日は住吉美紅ちゃん、二光アオイちゃんと結成したユニット「雪月花」のファーストライブ。
ピアノはプラフォのむらむーさん、受付はらいふさんがご協力くださいました。
「月」をテーマにしたライブでは、初めて即興ソングにも挑戦。
セーラームーンメドレー最高に楽しかったなー!
むらむーさんが作詞作曲してくれたオリジナルソング「雪月花」、次にお聞きいただける機会をお楽しみに♡

WSは、7月は真帆ちゃんの回のみ。
しかしあれです。この一回が本当に濃かった。
いや、いつも濃いんだけどさw
槐奏子の変態性がさらに磨かれていることを確信したWSでした←

 

◇8月◇
4日 みくらいふ結婚パーティー
5日 めくるめくるみ企画「弥生三番街ゴールデンキラーズ」試し読みの回
12日 乃々雅ゆうちゃん主催撮影会
16日 疾駆猿×明治座アートクリエイト第壱回朗読劇公演「純文学のススメ」顔合わせ
18日 アウェイクニングボイスレッスンin奥四万
25日 深月さんコラボ撮影「下着と小口径」
28日~9月2日 疾駆猿×明治座アートクリエイト第壱回朗読劇公演「純文学のススメ」

8月も盛りだくさんだったなーww

4日の、みくらいふの結婚パーティーは、ヘアメイクとして参加させていただきました♡

f:id:ONUMA_Eriko:20180808155905j:plain

f:id:ONUMA_Eriko:20180808160032j:plain

ことあるごとに、小沼にメイクさんの仕事を振ってくれる美紅ちゃん。
楽しい時間に少しでもお力添えできたなら、とっても幸せです。
いつもありがとう。

8月末から9月頭にかけて上演された「純文学のススメ」は、初の朗読劇公演。
がっつり語りもやらせていただきまして、かなりいい経験になったな、と思っています。
なんていうか、色々思うところがありました。色々。
いい年の重ね方したいなぁ、とか。
会場の両国BEARの小屋付きさんがとっても素敵な方で、お近づきになれたのもとても嬉しかった。ラングさん、またお会いしたいなぁ。

f:id:ONUMA_Eriko:20180910195124j:plain


18日、念願叶って参加できた弥衣さんのWS。
奥四万、とっても気持ちの良い場所でした。
水のある場所が大好きな小沼にとっては、とてつもないご褒美時間。

f:id:ONUMA_Eriko:20181120223429j:plain

f:id:ONUMA_Eriko:20181120223412j:plain
美しい水が流れる音や、木々をわたる風の音。心地いい自然の音に囲まれながら、溶け出すように歌う時間。
最高に贅沢でした。
弥衣さんがいつもどんな風に歌っているのか、その感覚に少しだけ近づけたような気がしたのも嬉しくて。
またひとつ、あたしにとって「歌うこと」が大事になった一日でした。

 

信頼するカメラマンである深月さんとのコラボもこの月。
「下着と小口径」、話が出たのは4月頃だったんだけど、ようやっと実現できて嬉しかった!!(笑)
ランジェリー撮影はほんと下手な人には頼めないので、腕の立つ方がいるというのは本当に有難いです。
ゴルキラの宣伝に大活用させていただきました。 

 

③につづく。